3月16日に県民大会 辺野古移設断念を要求

オール沖縄会議の高良鉄美共同代表(左)らが会見した=12日、那覇市泉崎の同会議事務局

 オール沖縄会議は12日、那覇市内で会見し、3月16日に那覇市の新都心公園で「辺野古米軍基地建設を断念させる県民大会」を開催すると発表した。高良鉄美共同代表は米軍普天間飛行場の辺野古移設を批判し「なぜ土砂投入を続けているのか。強行だ。これは政府の体を成していない」と強調した。
 沖縄防衛局が県に通知した3月25日から始まる新たな区域への土砂投入を前に、県民大会で決議し、政府に対し、要請行動を行う予定。同会議では、県民投票の結果や国地方係争処理委員会の結論を踏まえ詳細な内容を決めるという。
 玉城デニー知事にも出席を要請する。「万単位の参加者を目指す」としている。政府は、埋め立て予定海域南側の護岸に囲まれたエリアのうち、約6・3㌶の区画で昨年12月から土砂投入を始めた。

関連記事

ピックアップ記事

  1.  石垣小学校6年の児童ら66人は9日午後、県議会を見学した。児童らは同日まで2日間の日程で、修学旅行…
  2.  石垣島への陸上自衛隊配備計画で、隊員の宿舎建設候補地となっている市有地3筆の情報を市が開示せず、沖…
  3.  2019年度沖縄地区税関密輸出取締対策先島地区協議会(会長・宮城吉和石垣税関支署長)が5日午後、石…

日付から記事を検索

2019年12月« 11月
« 11月    
 1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
3031  

assembled by まめわざ










話題をチェック!

  1.  県と糸満市、トルコ視覚障がい者スポーツ協会は22日、県庁で2020年開催の東京オリンピック・パラリ…
ページ上部へ戻る