「ふるさとづくり大賞」受賞 NPO法人夏花が市長に報告

中山市長(右端)に受賞報告をした、(右から)花城理事長、山城副理事長、吉田さん=12日午前、石垣市役所市長室

 2018年度ふるさとづくり大賞(総務省主催)の団体表彰で、石垣市白保のNPO法人夏花(花城芳藏理事長)が選ばれたことを受け、花城理事長と山城吉博副理事長、事務局の吉田礼(あや)さんの3人が12日午前、市役所に中山義隆市長を訪問し、受賞を報告した。
 花城理事長は「受賞できて光栄。日本一安心・安全な石垣市づくりに、地域とともに邁進(まいしん)する」と意気込み、都内の表彰式に出席した吉田さんは「長年続けてきた地味な活動が評価されてうれしい。地域の皆さんにも報告したい」と喜びを語った。
 山城副理事長は「白保村ゆらてぃく憲章に基づき、環境問題、文化問題など多方面で地域のために頑張っている。今後も協力していただきたい」と話した。
 中山市長は「設立6年でこれほどの賞がとれたのは中身の濃い、良い活動の結果であり、一緒に活動している地域の人とのつながりもあってのこと。これを励みに、今後も活躍してほしい」と激励した。
 同団体は13年5月に設立。白保集落を訪れる人や地域の子どもたちに自然・文化体験や伝統的な自然資源活用術を伝える事業を行うことで、郷土文化や集落景観などを維持・継承し、安心して暮らし続けられる村づくりを地域住民の手で進めることが目的。
 今回の受賞は▽海の環境保全のため、畑の周りに月桃などの植物を植えることで土砂の流出を防ぐ「グリーンベルト」商品の開発・販売により、協力農家の収入増に結びつけたこと▽環境の専門家と住民が連携して企画、実行、活動費の獲得等を行い、活動参加者を増加させ、地域の活性化につなげたこと―などが評価された。
 ふるさとづくり大賞は1983年に創設され、今年度で36回目。全国各地で地域のために活動している団体や個人を表彰して意欲を高め、豊かで活力ある地域社会の構築を図ることが目的で、表彰式は4日、都内で行われた。
 市での同大賞受賞は04年の石垣島閑話制作委員会、12年のNPO法人八重山星の会に続き3団体目。

関連記事

ピックアップ記事

  1.  学習指導要領の改訂に伴い、中学校や高校でがん教育が推進されるのに合わせ、教職員らの理解を深める目的…
  2.  竹富町ホームステイ事業で米国シアトルに派遣されていた竹富町の中学生5人の帰国報告会(主催・竹富町教…
  3.  香港の民主化運動の一環であるデモが激化し、中国政府が国営メディアなどを通じ「暴徒」などと批判姿勢を…

日付から記事を検索

2019年8月« 7月
« 7月    
 1234
567891011
12131415161718
19202122232425
262728293031  

assembled by まめわざ










話題をチェック!

  1.  那覇市や那覇警察署は9日夕、2019年夏の交通安全県民運動開始式を市内の複合施設で開き、県内初とな…
ページ上部へ戻る