ヒカンサクラ満開 十六日祭を前に

あでやかなピンク色の花が満開したヒカンサクラ=15日午後、石垣市大川の石垣さん宅

 ヒカンサクラはいまが開花のピーク。石垣市大川の石垣トヨさん(85)宅の庭でヒカンサクラが満開し、濃いピンク色の花が道行く人々の目を引いている。
 1年前に亡くなった夫の安清さんの父が植えたもので、樹齢100年近い古木にもかかわらず、毎年見事な花を咲かせている。
 高さ約4㍍。苔むした根元からは年輪を重ねた老木の風格が漂い、赤がわらの屋根がサクラの花を一層引き立てている。
 「毎年、十六日祭のころに満開になるが今年はいつもより早い」と目を細めるトヨさん。
 かつて、このサクラの下でむしろを敷き、市内の舞踊研究所の門下生らが舞いを披露しながら花見の宴(うたげ)を開いたというエピソードも。トヨさんは訪ねてくる人たちにそんな〝幸せザクラ〟の自慢話を披露している。
   (写真・文 南風原英和)

関連記事

ピックアップ記事

  1.  国の安全保障政策に対抗するため、県が国との法廷闘争に突入するという異常な事態が2代の県政にわたって…
  2.  石垣市は、災害時に障害者や高齢者などの「要援護者」が避難したり、平常時には子どもたちと交流する拠点…
  3.  太平洋戦争末期、西表島祖納沖で墜落した米軍機パイロットの遺骨収集に向け、マイケル・マカロニン氏=ニ…

日付から記事を検索

2019年3月« 2月
« 2月    
 123
45678910
11121314151617
18192021222324
25262728293031

assembled by まめわざ










話題をチェック!

  1.  県内米軍基地の早期返還を期待し、都市計画法に基づいた手続きにより、1974年8月から那覇港湾施設(…
ページ上部へ戻る