「民意は知事選で明らか」 投票に疑問、宮古の島民

 24日の県民投票を巡り、県内には、米軍普天間飛行場(宜野湾市)を名護市辺野古へ移設することへの賛否が明確になるとの期待がある。一方で、実施に疑問を投げ掛ける人もいる。元県議で宮古島市に暮らす下地常政さん(86)は「県知事選で民意は示されたはず。今回の投票には意味がない」と語る。
 宮古島市長は、投票実施の予算案を認めない市議会の意向を尊重。一時、不参加を表明していた。市民団体の世話人を務める下地さんは市長に、その姿勢を貫くよう求める要望書を提出した。
 実施に否定的な理由に、昨年9月の知事選結果がある。辺野古移設に反対し普天間の県外移転を模索した故翁長雄志前知事の後継に当たる玉城デニー氏が、安倍晋三政権の支援を受ける候補者に8万票余りの差をつけて当選したからだ。
 「移設は安全保障政策であり、国が決めること。県民投票で扱うレベルの話ではない」との思いもある。宮古島は、太平洋と東シナ海の間にある国境周辺の島。中国が軍備を増強し海洋権益も広げようとする中で「普天間問題の解決の遅れは日米同盟を揺るがし、島々の安全にも影響しうる」と懸念する。
 「国が結果に従う法的義務もない。予算の無駄遣いだ」。県によると、投開票実施費用は全て県負担。総額は5億円超となる。

関連記事

ピックアップ記事

  1.  社民党の照屋寛徳国対委員長(74)=衆院沖縄2区=が、高齢を理由に次期衆院選に立候補せず、今期限り…
  2.  米軍普天間飛行場(宜野湾市)の名護市辺野古移設を巡り、県の埋め立て承認撤回を取り消す裁決に国土交通…
  3.  石垣島製糖株式会社の松林豊社長は18日、市内ホテルで開かれた定時株主総会で、課題である新工場建設を…

日付から記事を検索

2019年9月« 8月
« 8月    
 1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
30  

assembled by まめわざ










話題をチェック!

  1.  【北京共同】中国の胡春華(こ・しゅんか)副首相は18日、河野洋平元衆院議長が会長として率いる日本国…
ページ上部へ戻る