18日から確定申告 中山市長がeーTax体験

e―Tax確定申告の模擬体験を行う中山市長=15日午前、石垣税務署

 18日から開始される2018年分の所得税などの確定申告期に向けた電子申告(e―Tax)の利用拡大の広報の一環として、中山義隆石垣市長は15日午前、石垣税務署(長嶺由和署長)を訪れ、e―Tax確定申告の模擬体験を行なった。
 e―Taxは自宅や職場などのインターネット上を使い、確定申告などができるシステム。計算間違いや記載漏れもなくなり、24時間利用できる。通常6週間かかる還付申告の処理も3週間程度に短縮される。作成した申告書は印刷して税務署に提出するか、あるいはマイナンバーカードを利用すれば、電子送信も可能。
 この日の模擬体験は同署で用意した、給与所得一カ所と医療費控除を想定したフォーマットを使用し、市長は仕上げの数項目を入力して印刷した。体験後、「画面中の説明や色分けが分かりやすく、誰でもできるものと思う。税は市民の生活、街づくりに役立つ財源。正確な形での申告をお願いしたい」と述べた。
 e―Taxは2004年から開始されており、今年1月からは、税務署で職員と対面による本人確認を行ないIDとパスワードを発行すれば、国税庁ホームページ「確定申告書等作成コーナー」でe―Tax申告ができる。
 同署管内での2017年分所得税・復興特別所得税のe―Tax申告割合は約58・3%だが、そのうち、同署や役場を訪れることなく、申告者本人や税理士によって申告した割合は約16・8%に留まる。
 確定申告は通常は16日からだが、今年は土日を挟むため18日からの開始。所得税および復興特別所得税・贈与税の申告・納税は3月15日まで。個人事業者の消費税・地方消費税の申告・納税は4月1日まで。

関連記事

ピックアップ記事

  1.  「皆肝揃てぃ(みなくぃむするてぃ)」をスローガンに、石垣市青年団協議会(國吉長朗会長)の第33回青…
  2.  2001年に大阪教育大学付属池田小学校で起きた池田小児童殺傷事件で当時小学2年生だった長女を亡くし…
  3.  地球温暖化防止などやリサイクル推進に向け、身近でできる環境保全対策を考える県民環境フェア「エコライ…

お知らせ

登録されているお知らせはございません。

日付から記事を検索

2019年11月« 10月
« 10月    
 123
45678910
11121314151617
18192021222324
252627282930  

assembled by まめわざ










話題をチェック!

  1.  石垣海上保安部は7日、日本の排他的経済水域(EEZ)で停船命令に応じず逃走したとして、漁業主権法違…
ページ上部へ戻る