【金波銀波】メキシコ国境の壁を建設するため…

 メキシコ国境の壁を建設するため、国家非常事態を宣言したトランプ米大統領。公約実現へ破天荒な手段も辞さない大統領の姿は、ともすれば常識にとらわれがちな従来の政治家の枠を大きくはみ出して、確かに突出した人物と言えるかも知れない◆国境の壁建設に対しては反発が根強く、日本でも移民への人種差別だと指摘する声もある。しかし他国と陸続きである米国の感覚を、四方を海で囲まれた日本人的な発想で語るべきではない◆それにトランプ氏が批判するのは不法移民の流入であり、正式な手続きを経て入国する移民を拒否しているわけではない◆日本も海があるから安全というわけにはいかない。北朝鮮の工作員は船で密入国し、日本人を拉致した。国境を守ることは国民の生命、財産を守ることでもある。トランプ氏の決意を支持する多くの米国民が存在することも、見逃してはならない◆北朝鮮の拉致問題、核問題の対応で中国や韓国はあてにならず、結局はトランプ氏頼みなのが現実だ。「安倍晋三首相からノーベル平和賞に推薦された」とトランプ氏が発言して物議をかもしているが、北朝鮮問題を本当に解決してくれるなら、日本としては文句はない。ノーベル平和賞の一つや二つ、喜んで贈呈しようではないか。

関連記事

ピックアップ記事

  1.  特攻隊員、戦没者1036人の遺品を展示・収蔵している知覧特攻平和会館(朝隈克博館長)=鹿児島県南九…
  2.  8月25日に竹富町西表島で開催される「第9回ぱいぬ島まつり」の実行委員会(委員長・西大舛髙旬町長。…
  3.  米軍普天間飛行場(宜野湾市)の辺野古移設を巡る県民投票から24日で3カ月となる。辺野古移設工事は着…

日付から記事を検索

2019年5月« 4月
« 4月    
 12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
2728293031  

assembled by まめわざ










話題をチェック!

  1.  玉城デニー知事は6日、菅義偉官房長官と会談し、米軍普天間飛行場の辺野古移問題で謝花喜一郎副知事と杉…
ページ上部へ戻る