訓練激化の現状訴え 7年ぶり上京要請へ 嘉手納町議会

嘉手納町議会は嘉手納飛行場に関する要請行動を行うため近く上京する=21日、嘉手納町議会

 嘉手納町議会の徳里直樹議長らは21日、町役場で記者会見し、嘉手納飛行場の訓練激化や騒音被害などの現状を訴えるため26日上京し、政府や各政党へ要請行動すると明らかにした。上京して要請行動を行うのは7年ぶり。
 徳里議長は「7年前は(米軍普天間飛行場の)嘉手納統合案に対し、反対する趣旨で上京した。いつ統合案が再浮上するか分からない懸念もある。住民に対する負担が大きくなっている中、直接状況を説明したい」と述べた。
 米軍機による悪臭被害の早期解決、訓練激化について実効性のある防止対策、パラシュート降下訓練の全面中止、第353特殊作戦群の駐機場の拡張整備計画に伴うMC130特殊作戦機の住宅地側への駐機を実施しないことなどを盛り込んだ7項目を想定。27日に内閣府、防衛省、外務省、28日に各政党と県選出国会議員に要請する予定で調整を進めているという。
 徳里議長は「今後は現状を改善できるよう、毎年要請をすべきではないかという機運が基地対策特別委員会で高まっている」と説明した。

関連記事

ピックアップ記事

  1.  陸自駐屯地配備に信念を持って反対する市民にとっても、先日の集会でのあの発言は内心、顰(しか)めっ面…
  2.  シルバーウイーク最終日の22日、観光を終え、新石垣空港から島を後にする観光客からは「安心して観光で…
  3.  石垣市が2019年度に障害者、障害児、難病患者を対象に実施したアンケートで、「今後、収入を得る仕事…

日付から記事を検索

2020年9月« 8月
« 8月    
 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
282930  

assembled by まめわざ









話題をチェック!

  1.  石垣島への陸上自衛隊配備に向け、駐屯地建設工事が進む平得大俣地区の旧ゴルフ場前で、市森林区域にあっ…
ページ上部へ戻る