訓練激化の現状訴え 7年ぶり上京要請へ 嘉手納町議会

嘉手納町議会は嘉手納飛行場に関する要請行動を行うため近く上京する=21日、嘉手納町議会

 嘉手納町議会の徳里直樹議長らは21日、町役場で記者会見し、嘉手納飛行場の訓練激化や騒音被害などの現状を訴えるため26日上京し、政府や各政党へ要請行動すると明らかにした。上京して要請行動を行うのは7年ぶり。
 徳里議長は「7年前は(米軍普天間飛行場の)嘉手納統合案に対し、反対する趣旨で上京した。いつ統合案が再浮上するか分からない懸念もある。住民に対する負担が大きくなっている中、直接状況を説明したい」と述べた。
 米軍機による悪臭被害の早期解決、訓練激化について実効性のある防止対策、パラシュート降下訓練の全面中止、第353特殊作戦群の駐機場の拡張整備計画に伴うMC130特殊作戦機の住宅地側への駐機を実施しないことなどを盛り込んだ7項目を想定。27日に内閣府、防衛省、外務省、28日に各政党と県選出国会議員に要請する予定で調整を進めているという。
 徳里議長は「今後は現状を改善できるよう、毎年要請をすべきではないかという機運が基地対策特別委員会で高まっている」と説明した。

関連記事

ピックアップ記事

  1.  社民党の照屋寛徳国対委員長(74)=衆院沖縄2区=が、高齢を理由に次期衆院選に立候補せず、今期限り…
  2.  米軍普天間飛行場(宜野湾市)の名護市辺野古移設を巡り、県の埋め立て承認撤回を取り消す裁決に国土交通…
  3.  石垣島製糖株式会社の松林豊社長は18日、市内ホテルで開かれた定時株主総会で、課題である新工場建設を…

日付から記事を検索

2019年9月« 8月
« 8月    
 1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
30  

assembled by まめわざ










話題をチェック!

  1.  政府、県、那覇市が主催した「北朝鮮による拉致問題を考える国民の集い」が24日、同市の沖縄青年会館で…
ページ上部へ戻る