家族の健康祈願も 十六日祭、祖先の霊を供養

16日祭に合わせ、墓前に手を合わせる西大濱さん一家=20日午後、石垣市石垣

 後生の正月といわれるジュールクニチー(十六日祭)の20日、郡内各地の墓地ではご馳走などを供え、祖先の霊を供養する人たちの姿がみられた。
 旧暦1月16日の年中行事で、宮古・八重山や久米島では旧盆と並んで盛大に行われる。
 この日は曇り時々雨の予報だったが、それとは逆に終日晴天。竹富町波照間では平年より6・3度高い28・5度、与那国空港(所野)で平年を5・5度上回る27・9度と2月の観測史上最高気温を記録。石垣市登野城でも27・4度まで気温が上昇、各地で5月上旬から中旬並みの夏日となった。
 この強い日差しを避けようと、墓地ではテントを張る光景が多くみられた。
 字登野城にある船附家の墓では、フミさん(87)の子や孫、ひ孫ら10人が集まり、にぎやかな後生の正月となった。
 一方、一般からの通報でパトカーが出動、県道沿いの駐車車両に移動を呼び掛けるハプニングも。冷や水を浴びせられた住民らは「何でこんなことをするんだ」と不満をぶつけていた。
 石垣中近くでは西大濱章さん(51)、妻の美千代さん(49)、娘の涼子さん(15)ら一家が墓に手を合わせる姿があった。母のリツ子さん(73)は「今年はひ孫も誕生する。孫娘は受験を迎える。家族の健康と、受験の合格を先祖に祈った」と話した。

関連記事

ピックアップ記事

  1.  社民党の照屋寛徳国対委員長(74)=衆院沖縄2区=が、高齢を理由に次期衆院選に立候補せず、今期限り…
  2.  米軍普天間飛行場(宜野湾市)の名護市辺野古移設を巡り、県の埋め立て承認撤回を取り消す裁決に国土交通…
  3.  石垣島製糖株式会社の松林豊社長は18日、市内ホテルで開かれた定時株主総会で、課題である新工場建設を…

日付から記事を検索

2019年9月« 8月
« 8月    
 1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
30  

assembled by まめわざ










話題をチェック!

  1.  八重山を訪れた観光客にスムーズな移動手段を提供しようと、石垣市、竹富町など官民7者が11月から20…
ページ上部へ戻る