デイゴ保護で薬剤注入 昨年は15施設で95本 石垣市

石垣市でもデイゴの開花が始まった=20日、浜崎町

 石垣市は、県花デイゴに寄生するデイゴヒメコバチを防除するため、デイゴの樹幹に薬剤を注入する事業を毎年実施している。2018年は11月に15施設で95本のデイゴに薬剤を注入した。19年度も事業を継続する方向で県と調整している。
 デイゴヒメコバチは体長1~1・6㍉。葉に寄生されたデイゴは活力が低下し、開花しなくなる症状が出る。菌の感染などの二次被害で枯死につながることもあるという。
 県内では2005年5月に石垣島でデイゴヒメコバチが確認されて以降、全域で被害が確認されている。
 デイゴに薬剤を注入する事業は13年度からスタートし、開花期である2月~5月を前に、6月~11月ごろまでが実施時期となる。18年度の事業費は260万円で、9割が県の補助金。対象施設は玉取崎展望台、新川公園、市民会館、マンタ公園、中央運動公園や小中学校などだった。
 市施設管理課の担当者は「デイゴを保全することで観光、文化資源を守り、地域の景観を形成したい」と話した。

関連記事

ピックアップ記事

  1.  「この問題は圧倒的に『東京問題』と言っても過言ではない」―、菅義偉官房長官は7月、新型コロナウイル…
  2.  任期満了に伴う竹富町長選が11日に告示される。再選を目指して立候補表明した現職西大舛髙旬氏(72)…
  3.  西表島(竹富町)のバーベキュー(BBQ)会場で起きた新型コロナウイルス集団感染で、県八重山保健所は…

日付から記事を検索

2020年8月« 7月
« 7月    
 12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
31  

assembled by まめわざ










話題をチェック!

  1.  石垣市議会は17日、尖閣諸島周辺海域で石垣市の漁船が中国公船に追尾されたことを巡り、玉城デニー知事…
ページ上部へ戻る