デイゴ保護で薬剤注入 昨年は15施設で95本 石垣市

石垣市でもデイゴの開花が始まった=20日、浜崎町

 石垣市は、県花デイゴに寄生するデイゴヒメコバチを防除するため、デイゴの樹幹に薬剤を注入する事業を毎年実施している。2018年は11月に15施設で95本のデイゴに薬剤を注入した。19年度も事業を継続する方向で県と調整している。
 デイゴヒメコバチは体長1~1・6㍉。葉に寄生されたデイゴは活力が低下し、開花しなくなる症状が出る。菌の感染などの二次被害で枯死につながることもあるという。
 県内では2005年5月に石垣島でデイゴヒメコバチが確認されて以降、全域で被害が確認されている。
 デイゴに薬剤を注入する事業は13年度からスタートし、開花期である2月~5月を前に、6月~11月ごろまでが実施時期となる。18年度の事業費は260万円で、9割が県の補助金。対象施設は玉取崎展望台、新川公園、市民会館、マンタ公園、中央運動公園や小中学校などだった。
 市施設管理課の担当者は「デイゴを保全することで観光、文化資源を守り、地域の景観を形成したい」と話した。

関連記事

ピックアップ記事

  1.  「2019年度おきなわ県民カレッジ広域学習サービス講座」(主催・沖縄県教育委員会)が14日開講し、…
  2.  石垣市の新庁舎建設と周辺開発に伴い、石垣海上保安部が離島から石垣島への急患搬送に使用している旧石垣…
  3.  ユーグレナ石垣港離島ターミナル内に整備されたプラネタリウム上映可能な多目的ドームシアター「石垣市美…

日付から記事を検索

2019年7月« 6月
« 6月    
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
293031  

assembled by まめわざ










話題をチェック!

  1.  シール看板などを手掛ける㈲与座設備(與座清宏代表取締役)は18日、同社で発光ダイオード(LED)を…
ページ上部へ戻る