知事「大切な一票投じて」 国民全体に発信と強調

キャラバン参加者と県民投票への参加を訴える玉城氏(中央)。キャラバンでは、歌手や音楽グループのライブ、県民投票を呼びかけるお笑いライブも行われた=23日、県庁前パレット広場

 玉城デニー知事は23日、県庁前で「辺野古米軍基地建設のための埋め立て」の賛否を問う県民投票への参加を県民に呼び掛ける「県民投票キャラバン」に参加した。「県民が自分の考えを投票できるのは大変意味がある。貴重な機会を生かし、大切な一票を投じてほしい」と促した。
 報道陣の取材に「米軍基地建設のための埋め立てについて、賛成か反対かをシングルイシューで県民の意思を問う県民投票だ」と改めて強調。「日本国民全体に、投票の意味や結果について考えてほしい」と訴えた。
 県民投票が辺野古沿岸埋め立て承認の再撤回の根拠になるかとの問いには答えを避けた。
 「安全保障は日本国民全体で考えるべきだと言い続けてきた。県民投票もそのことを含めて受け止めていただければ」と期待した。

関連記事

ピックアップ記事

  1.  大相撲沖縄場所(主催・同実行委員会)が14日、うるま市具志川ドームで始まった。15日まで。14日は…
  2.  貴重な文化遺産であるシマムニ(島言葉)の保存継承を目的に「第1回シマムニ発表会」(主催・竹富町、竹…
  3.  自衛隊沖縄地方協力本部石垣出張所(反橋寛之所長)が14日午前、新石垣空港でヘリコプター体験搭乗を実…

日付から記事を検索

2019年12月« 11月
« 11月    
 1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
3031  

assembled by まめわざ










話題をチェック!

  1.  政府、県、那覇市が主催した「北朝鮮による拉致問題を考える国民の集い」が24日、同市の沖縄青年会館で…
ページ上部へ戻る