知事「大切な一票投じて」 国民全体に発信と強調

キャラバン参加者と県民投票への参加を訴える玉城氏(中央)。キャラバンでは、歌手や音楽グループのライブ、県民投票を呼びかけるお笑いライブも行われた=23日、県庁前パレット広場

 玉城デニー知事は23日、県庁前で「辺野古米軍基地建設のための埋め立て」の賛否を問う県民投票への参加を県民に呼び掛ける「県民投票キャラバン」に参加した。「県民が自分の考えを投票できるのは大変意味がある。貴重な機会を生かし、大切な一票を投じてほしい」と促した。
 報道陣の取材に「米軍基地建設のための埋め立てについて、賛成か反対かをシングルイシューで県民の意思を問う県民投票だ」と改めて強調。「日本国民全体に、投票の意味や結果について考えてほしい」と訴えた。
 県民投票が辺野古沿岸埋め立て承認の再撤回の根拠になるかとの問いには答えを避けた。
 「安全保障は日本国民全体で考えるべきだと言い続けてきた。県民投票もそのことを含めて受け止めていただければ」と期待した。

関連記事

ピックアップ記事

  1.  2019年度・第1回石垣島大運動会(主催・同実行委員会)が14日、石垣市中央運動公園陸上競技場で開…
  2.  玉城デニー知事は米軍普天間飛行場の辺野古移設反対などを訴えるため、14日から訪米した。米国政府や議…
  3.  「予測に比べると、まずまずに収まったという感じ」―。台風19号の被害が拡大する中、自民党の二階俊博…

お知らせ

登録されているお知らせはございません。

日付から記事を検索

2019年10月« 9月
« 9月    
 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
28293031  

assembled by まめわざ










話題をチェック!

  1. 「中国公船を挑発しないでください」―。海上保安庁の巡視船から、拡声器を持った海上保安官が必死に呼び…
ページ上部へ戻る