海自掃海艇に家族連れ 「ししじま」一般公開

家族連れなどでにぎわった掃海艇「ししじま」の一般公開=24日午後、石垣港

 海上自衛隊の掃海艇「ししじま」の一般公開が23、24の両日、石垣港第1号岸壁で行われ、家族連れなど多数の市民が訪れた。
 掃海艇が石垣島で一般公開されるのは昨年2月以来。23日は251人、24日もほぼ同数が見学した。海自沖縄基地隊第46司令の井戸康裕2等海佐は「掃海艇は災害派遣などの任務も担う。一般公開を通して役割を理解してほしい」と期待した。
 24日は天皇陛下ご在位30周年式典の日でもあり、万国旗を艦上に掲げる「満艦飾」も行われた。
 掃海艇は沿岸の海上警備に従事し、港湾や頃に敷設された機雷排除などに当たる。比較的水深が浅い港にも入れるため、災害時の物資輸送や避難でも活躍する。

関連記事

ピックアップ記事

  1.  石垣市出身の女性デュオ「やなわらばー」が16日までに、公式サイトで2020年末をもって解散すると発…
  2.  米軍普天間飛行場(宜野湾市)の名護市辺野古移設に反対する「県民大会」が16日、那覇市で開かれた。主…
  3.  革新市政時代の「レガシー」(遺産)の行方はどうなるのか。石垣市議会で、自治基本条例を検証する特別委…

日付から記事を検索

2019年3月« 2月
« 2月    
 123
45678910
11121314151617
18192021222324
25262728293031

assembled by まめわざ










話題をチェック!

  1.  「辺野古米軍基地建設のための埋め立て」の賛否を問う県民投票条例が29日に改正される見通しとなったこ…
ページ上部へ戻る