【金波銀波】駐屯地の配備で「他国の標的となって危険が増す」のか…

 駐屯地の配備で「他国の標的となって危険が増す」のか「万一の備えを固めることで安全になる」のか。石垣島への陸上自衛隊配備計画を巡り、反対派と推進派の言い分は真っ向から対立している◆反対派は「軍事施設がない場所は国際法で守られるから攻撃できない」「非武装の島を攻撃すると世界中から制裁されるはずだ」と訴える。日本国憲法が「平和を愛する諸国民の公正と信義に信頼」して国民の安全と生存を保持すると記すのと同じ考え方のようだ。「性善説」と呼ぶべきか◆だが、日本周辺を見渡しても「平和を愛する諸国民」の姿が見当たらない。尖閣諸島周辺を荒らし回る中国、核開発や拉致問題の北朝鮮、北方領土問題を抱えるロシア、最近では韓国も反日政策を激化させ「非友好国」の本質を隠さなくなってきた◆憲法の非現実性があらわになり「性善説」では国民を守れないことが改めて浮き彫りになっている。沖縄防衛局は配備に反対する住民との面談で、政府は非武装になることで安全性が増すという考えを採用していないと明言した◆平和は、国と国との複雑な外交交渉や、背後の軍事力を背景にした露骨な圧力で維持されることもある。戦争準備のような行為が、往々にして平和を実現する切り札であったりする。

関連記事

ピックアップ記事

  1.  SDGs目標の一つ「海の豊かさを守ろう」にコミットして活動する「Blue14(ブルーフォーティーン…
  2.  石垣市商工会青年部(吉田大介部長)は10月31日、国立天文台水沢VLBI観測所の本間希樹所長による…
  3.  第46回県畜産共進会(主催・同協議会)の結果が10月30日発表され、肉牛の部で石垣市の農業生産法人…

日付から記事を検索

2020年11月« 10月
« 10月    
 1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
30  

assembled by まめわざ









話題をチェック!

  1.  戦中戦後の激動期、常に渦中の人だった昭和天皇の苦悩がうかがえる貴重な内容だ。初代宮内庁長官を務めた…
ページ上部へ戻る