毎回、新しい発見や学び 伊藝さんが4模合を主催

模合の集まり。中央が伊藝さん

 那覇市の元小学校校長で、那覇日台親善協会会長の伊藝美智子さんは現在、スイーツ会、ドリーム会、あいあい会など4つの模合(もあい)を主催している。模合の参加者は皆、女性。7年目を迎える会もあり、月一回の模合の集まりを楽しみに集まっている。
 沖縄の模合は、基本的に本土の頼母子講や、無尽講に当たる相互扶助の役割を果たす。人々がグループを組織して金銭を支払い、順番に金銭の給付を受けるシステムだが、人々が集うことによって、さまざまな副産物が生まれている。
 伊藝さんは模合について「出会い、触れ合い、学びの大切さに気付く。同じメンバーが集まりながら、毎回新しい発見や学びがある」と述べ、その魅力を説明する。
 普段の生活や身の回りの話はもちろんのこと、参加者であるなぎなたの先生が心技体について講話したり、女性実業家が社会貢献の経験を語ったり、内容は意外にバラエティに富んでいる。
 伊藝さんは「模合にはさまざまな喜びや、再び出会うことへの楽しみがあり、沖縄の長寿の秘訣の一つ」と話しており、模合に対する思いは止まることを知らない。

関連記事

ピックアップ記事

  1.  国の安全保障政策に対抗するため、県が国との法廷闘争に突入するという異常な事態が2代の県政にわたって…
  2.  石垣市は、災害時に障害者や高齢者などの「要援護者」が避難したり、平常時には子どもたちと交流する拠点…
  3.  太平洋戦争末期、西表島祖納沖で墜落した米軍機パイロットの遺骨収集に向け、マイケル・マカロニン氏=ニ…

日付から記事を検索

2019年3月« 2月
« 2月    
 123
45678910
11121314151617
18192021222324
25262728293031

assembled by まめわざ










話題をチェック!

  1.  沖縄国際大学の前津榮健学長は20日、石垣市で八重山日報の取材に応じ、離島や遠隔地出身の学生に奨学金…
ページ上部へ戻る