毎回、新しい発見や学び 伊藝さんが4模合を主催

模合の集まり。中央が伊藝さん

 那覇市の元小学校校長で、那覇日台親善協会会長の伊藝美智子さんは現在、スイーツ会、ドリーム会、あいあい会など4つの模合(もあい)を主催している。模合の参加者は皆、女性。7年目を迎える会もあり、月一回の模合の集まりを楽しみに集まっている。
 沖縄の模合は、基本的に本土の頼母子講や、無尽講に当たる相互扶助の役割を果たす。人々がグループを組織して金銭を支払い、順番に金銭の給付を受けるシステムだが、人々が集うことによって、さまざまな副産物が生まれている。
 伊藝さんは模合について「出会い、触れ合い、学びの大切さに気付く。同じメンバーが集まりながら、毎回新しい発見や学びがある」と述べ、その魅力を説明する。
 普段の生活や身の回りの話はもちろんのこと、参加者であるなぎなたの先生が心技体について講話したり、女性実業家が社会貢献の経験を語ったり、内容は意外にバラエティに富んでいる。
 伊藝さんは「模合にはさまざまな喜びや、再び出会うことへの楽しみがあり、沖縄の長寿の秘訣の一つ」と話しており、模合に対する思いは止まることを知らない。

関連記事

ピックアップ記事

  1.  夏の全国高等学校野球選手権沖縄大会に代わる独自の県大会公式戦「2020県高校野球夏季大会」(主催・…
  2.  本格的な夏を迎えて熱中症対策用品が石垣市のスーパーやホームセンターの売り場を賑わせている。空調服や…
  3.  政府と県の対立が膠(こう)着状態に陥っている米軍普天間飛行場の辺野古移設問題を打開するため、中谷元…

日付から記事を検索

2020年7月« 6月
« 6月    
 12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
2728293031  

assembled by まめわざ










話題をチェック!

  1.  県立八重山病院(篠﨑裕子院長)は4日、がんの放射線治療外来を初めて開設した。毎月第1火曜日の午後、…
ページ上部へ戻る