世代超えて大合奏 「さんしんの日」に270人

午後7時の時報に合わせ三線の大合奏が行われた=4日夜、石垣市総合体育館

 「さんしんの日」の3月4日、石垣市総合体育館で第19回さんしんの日サンシン大合奏会(主催・同実行委員会、石垣市文化協会)が開かれた。大人や子どもなど老若男女約270人が参加し、世代を超えて大合奏した。
 市文化協会の高嶺幸子副会長は「メインアリーナから沖縄の宝、三線の響きを世界に発信しよう」とあいさつ。
 実行委員会の糸洲長章委員長は、「八重山古典民謡愛好者は地元八重山のみならず、沖縄、本土へと拡がり、世界へ羽ばたいている。三線は平和のシンボルです」と呼び掛けた。
 大合奏会は午後6時にスタートし、小中学生の演奏から開始。全員で「鷲ぬ鳥節」など数曲を奏でた。
 午後7時になると時報に合わせ、全員で「かぎやでぃ風節」を大合奏。体育館いっぱいに音色を響かせた。また、合同会社白保企画が企画する「2018夢ステージ」のメンバーがゲスト出演し、演目を披露した。
 さんしんの日は1993年、RBCのラジオ番組「民謡で今日拝なびら」の司会を担当する上原直彦さんの提唱でスタート。八重山では2001年から、石垣市文化協会が主催して各団体の合同演奏を行った。
 さんしんの日の大合奏は県内のほか福岡、大阪、札幌、ハワイ、インドなど国内外で実施されている。

関連記事

ピックアップ記事

  1.  「2019年度おきなわ県民カレッジ広域学習サービス講座」(主催・沖縄県教育委員会)が14日開講し、…
  2.  石垣市の新庁舎建設と周辺開発に伴い、石垣海上保安部が離島から石垣島への急患搬送に使用している旧石垣…
  3.  ユーグレナ石垣港離島ターミナル内に整備されたプラネタリウム上映可能な多目的ドームシアター「石垣市美…

日付から記事を検索

2019年7月« 6月
« 6月    
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
293031  

assembled by まめわざ










話題をチェック!

  1.  JA石垣牛取り扱い認定店62店舗を紹介するガイドブック『JA石垣牛認定店GUIDEBOOK』の出版…
ページ上部へ戻る