【金波銀波】「どうして自分を否定する憲法に…

 「どうして自分を否定する憲法にペコペコするんだ。これがある限り、諸君は永久に救われんのだぞ」。自衛隊の市ヶ谷駐屯地で総監を人質に取り、バルコニーに立って憲法改正を訴えた三島由紀夫。しかし訴えに同調する自衛官はなく、部屋に戻った三島は同志と自決した。1970年11月25日の出来事だ◆あれから47年。今や、首相が国会で憲法9条に自衛隊を明記する改憲論議を呼び掛けている。ようやく時代が三島に追いついたということか◆三島は自衛隊に体験入隊し、大学生に呼び掛けて民間防衛組織の「盾の会」をつくるなど、国防のあり方に強い関心を抱き続けた作家だ。米ソ冷戦の最中で、共産革命が現実味を持って語られていた時代、共産主義は日本の伝統文化を破壊すると考えた三島は、国の将来に強い危機意識を抱いていた◆三島が現在生きていたら、その関心は当然、尖閣諸島問題や北朝鮮危機に向けられていたろう。右往左往する日本の病根は、いずれにせよ憲法9条だと結論づけたかも知れない◆沖縄では「非武装を定める9条の理念を実現すべきだ」との声が根強いが、実現したくてもできないような理念を掲げる条文の非現実性こそ問われる。その論議はあるのだろうか。自衛隊を明記すれば済む話ではない

関連記事

ピックアップ記事

  1.  中国武漢を発生源とする新型コロナウイルス感染症拡大が深刻化する中、石垣市は4日午後、新石垣空港(南…
  2.  全国的に新型コロナウイルスの感染拡大が続く中、医療体制が脆弱な離島で医師の不安が高まっている。各離…
  3.  県内で4日、新型コロナウイルスの感染者が1日では最多となる5人に達した。いずれも沖縄本島中南部だが…

日付から記事を検索

2020年4月« 3月
« 3月    
 12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
27282930  

assembled by まめわざ










話題をチェック!

  1.  石垣島への陸上自衛隊配備計画を巡り、中山義隆市長は24日の市議会一般質問で、地対艦誘導弾の弾薬庫に…
ページ上部へ戻る