AIで路線や観光名所案内 那覇バスターミナルで実証実験

「Saya」と会話する感覚で案内を受けれる「おしゃべり案内版」。実際に音声案内がされるわけではないが、分かりやすい表示で、目的地を検索できる=4日、那覇バスターミナル

 第一交通とモバイルクリエイト、NTTドコモの3社は4日、那覇バスターミナルの待合室にAI(人工知能)を活用した案内サービスの実証実験を行うと発表した。通称「おしゃべり案内版」と呼ばれるサービスでは、若い女性を模したキャラクター「Saya」と対話する形式で、観光案内やバス路線の検索結果などが表示され、案内が受けられる。 日本語だけでなく、英語や中国語、韓国語など複数の言語に対応しており、急拡大する外国人観光客への対応力も強化する。実証実験は同日から5月末まで行われる予定。
 案内版では、本島の各地域や観光地などを画面上に表示。表示をタッチすることで、バス路線の検索結果が表示される。最初の画面で言語を選択できる。また、災害発生時には、地方自治体が配信する防災情報「Lアラート」が表示される。多言語に対応した地震や津波、大雨情報、避難指示なども。
 今後、3社は実証実験の結果を踏まえ、来年度中の商用化を目指す。

関連記事

ピックアップ記事

  1.  国の安全保障政策に対抗するため、県が国との法廷闘争に突入するという異常な事態が2代の県政にわたって…
  2.  石垣市は、災害時に障害者や高齢者などの「要援護者」が避難したり、平常時には子どもたちと交流する拠点…
  3.  太平洋戦争末期、西表島祖納沖で墜落した米軍機パイロットの遺骨収集に向け、マイケル・マカロニン氏=ニ…

日付から記事を検索

2019年3月« 2月
« 2月    
 123
45678910
11121314151617
18192021222324
25262728293031

assembled by まめわざ










話題をチェック!

  1.  石垣市役所現庁舎等跡地利用基本方針策定委員会の谷口正和委員長が27日、市役所に中山義隆市長を訪れ、…
ページ上部へ戻る