AIで路線や観光名所案内 那覇バスターミナルで実証実験

「Saya」と会話する感覚で案内を受けれる「おしゃべり案内版」。実際に音声案内がされるわけではないが、分かりやすい表示で、目的地を検索できる=4日、那覇バスターミナル

 第一交通とモバイルクリエイト、NTTドコモの3社は4日、那覇バスターミナルの待合室にAI(人工知能)を活用した案内サービスの実証実験を行うと発表した。通称「おしゃべり案内版」と呼ばれるサービスでは、若い女性を模したキャラクター「Saya」と対話する形式で、観光案内やバス路線の検索結果などが表示され、案内が受けられる。 日本語だけでなく、英語や中国語、韓国語など複数の言語に対応しており、急拡大する外国人観光客への対応力も強化する。実証実験は同日から5月末まで行われる予定。
 案内版では、本島の各地域や観光地などを画面上に表示。表示をタッチすることで、バス路線の検索結果が表示される。最初の画面で言語を選択できる。また、災害発生時には、地方自治体が配信する防災情報「Lアラート」が表示される。多言語に対応した地震や津波、大雨情報、避難指示なども。
 今後、3社は実証実験の結果を踏まえ、来年度中の商用化を目指す。

関連記事

ピックアップ記事

  1.  八重山郡体育協会(長浜信夫会長)は八重山郡のスポーツ振興を目的に17日夕、石垣市中央運動公園屋内練…
  2.  米軍普天間飛行場(宜野湾市)の移設先である名護市辺野古沿岸部の埋め立てを巡り、県による埋め立て承認…
  3.  県は16日、豊見城市の空手会館で、沖縄を襲った巨大地震に観光客も巻き込まれ、被災したとの想定で図上…

日付から記事を検索

2019年7月« 6月
« 6月    
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
293031  

assembled by まめわざ










話題をチェック!

  1.  17日に開かれた県議会米軍基地関係特別委員会で質問した山川典二氏(自民)は、普天間飛行場の移設工事…
ページ上部へ戻る