リーグ戦へ体作り 大東文化大、石垣島キャンプ

14日まで石垣島キャンプを実施している大東文化大学硬式野球部の学生ら=5日午前、市中央運動公園野球場

 都内や埼玉県にキャンパスを持つ大東文化大学(門脇廣文学長)の硬式野球部が14日まで、石垣市中央運動公園野球場でキャンプを行っている。現在、約140人の学生が所属する同野球部は監物靖浩監督(50)が就任した17年前から石垣島キャンプを実施。今年は前半組(選手47人)が2月24日から7日まで、後半組(選手43人)が3日から14日まで、温暖な気候を利用し、1カ月後の春のリーグ戦に向けた体作りを行う。
 八重山高校野球部出身で、同大法学部1年の花城悠真君(19)もキャンプに参加。「高校と違い、大学では自分で課題を見つけていく必要がある。同じ1年生でもすぐに上のチームに上がった人もいて、負けたくない気持ちで努力している。ストライクゾーンが高校より狭くなり、身体も細いので、この一年間はコントロールを磨いてきた」と振り返る。「高校時代、監督や仲間、近所のおばさんたちに支えてもらった。これから頑張って恩返ししたい」と話した。

記事の続きを見る場合にはログインが必要です。
ログイン

会員登録は無料です。
会員登録

関連記事

ピックアップ記事

  1.  石垣市出身の女性デュオ「やなわらばー」が16日までに、公式サイトで2020年末をもって解散すると発…
  2.  米軍普天間飛行場(宜野湾市)の名護市辺野古移設に反対する「県民大会」が16日、那覇市で開かれた。主…
  3.  革新市政時代の「レガシー」(遺産)の行方はどうなるのか。石垣市議会で、自治基本条例を検証する特別委…

日付から記事を検索

2019年3月« 2月
« 2月    
 123
45678910
11121314151617
18192021222324
25262728293031

assembled by まめわざ










話題をチェック!

  1.  石垣市の中山義隆市長が保守系首長で構成する「教育再生首長会議」の会合に参加した際、旅費や負担金を公…
ページ上部へ戻る