リーグ戦へ体作り 大東文化大、石垣島キャンプ

14日まで石垣島キャンプを実施している大東文化大学硬式野球部の学生ら=5日午前、市中央運動公園野球場

 都内や埼玉県にキャンパスを持つ大東文化大学(門脇廣文学長)の硬式野球部が14日まで、石垣市中央運動公園野球場でキャンプを行っている。現在、約140人の学生が所属する同野球部は監物靖浩監督(50)が就任した17年前から石垣島キャンプを実施。今年は前半組(選手47人)が2月24日から7日まで、後半組(選手43人)が3日から14日まで、温暖な気候を利用し、1カ月後の春のリーグ戦に向けた体作りを行う。
 八重山高校野球部出身で、同大法学部1年の花城悠真君(19)もキャンプに参加。「高校と違い、大学では自分で課題を見つけていく必要がある。同じ1年生でもすぐに上のチームに上がった人もいて、負けたくない気持ちで努力している。ストライクゾーンが高校より狭くなり、身体も細いので、この一年間はコントロールを磨いてきた」と振り返る。「高校時代、監督や仲間、近所のおばさんたちに支えてもらった。これから頑張って恩返ししたい」と話した。

記事の続きを見る場合にはログインが必要です。会員登録は無料です。

関連記事

ピックアップ記事

  1.  「2019年度おきなわ県民カレッジ広域学習サービス講座」(主催・沖縄県教育委員会)が14日開講し、…
  2.  石垣市の新庁舎建設と周辺開発に伴い、石垣海上保安部が離島から石垣島への急患搬送に使用している旧石垣…
  3.  ユーグレナ石垣港離島ターミナル内に整備されたプラネタリウム上映可能な多目的ドームシアター「石垣市美…

日付から記事を検索

2019年7月« 6月
« 6月    
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
293031  

assembled by まめわざ










話題をチェック!

  1.  投票権は大切な権利だが、投票することがかえって沖縄の未来に影を落とす結果を招くかも知れない―。少な…
ページ上部へ戻る