川原壯太 日本一 全日本室内アーチェリー 「八重山での発展につなげたい」

「第28回全日本室内アーチェリー選手権大会」のリカーブ男子の部で優勝し、日本一に輝いた川原壯太選手(川原千賀子さん提供)

 八重山商工高校出身で、日本体育大学3年の川原壯太選手(21)が、山口県岩国市総合体育館で2月16日、17日に開催された「第28回全日本室内アーチェリー選手権大会」のリカーブ男子の部で優勝し、日本一に輝いた。川原選手が現在所属する、同大学友会アーチェリー部の藤本浩総監督によると、全日本での優勝者が沖縄県内から出るのは初めてという。
 川原選手は、「石垣から日本一の選手が出たということを、八重山のアーチェリーの発展につなげたい。これをきっかけに、『アーチェリーをやってみたい』という人が増え、アーチェリーの射場などの施設が整ったらうれしい」と笑顔で語った。
 アーチェリーと出合ったのは、故郷・八重山。同部は9年前から石垣島で合宿を始めており、2年目の合宿からは無料の体験教室を開いていた。高校2年の時に体験教室で初めてアーチェリーに触れ、そのままのめり込んだ。
 八商工にはアーチェリー部がなかったため、自分一人で部活を作り、同大OBで、八重山アーチェリー協会の山田陽介さんと、石垣市在住の藤本総監督の指導の下、練習を重ねた。
 高校3年生の時には、奈良県橿原市で開かれた全国高校総合体育大会アーチェリー競技大会で、八重山勢として初めて5位入賞を果たしている。
 今回の勝因を「日体大の環境を通じて、実力がついたこと」と語る川原選手は、「全日本には昨年初めて出場したが予選落ち。その挽回がしたかった。しっかりと成果が残せ、タイトルが獲れたのはうれしい」と喜びを語り、今後は「実業団に入り、全日本の社会人部門で実績を残しながら、オリンピックを狙う」と意気込んだ。
 同大学友会アーチェリー部(部員48人)は5日夕に石垣島に到着。6日から13日までサッカーパークあかんまで合宿を行っており、川原選手も参加している。

関連記事

ピックアップ記事

  1.  国の安全保障政策に対抗するため、県が国との法廷闘争に突入するという異常な事態が2代の県政にわたって…
  2.  石垣市は、災害時に障害者や高齢者などの「要援護者」が避難したり、平常時には子どもたちと交流する拠点…
  3.  太平洋戦争末期、西表島祖納沖で墜落した米軍機パイロットの遺骨収集に向け、マイケル・マカロニン氏=ニ…

日付から記事を検索

2019年3月« 2月
« 2月    
 123
45678910
11121314151617
18192021222324
25262728293031

assembled by まめわざ










話題をチェック!

  1.  知事選は翁長雄志知事の後継者である玉城デニー氏(58)が過去最多の39万票超を獲得し、自民、公明、…
ページ上部へ戻る