いんのた会が海浜清掃 島民迷惑、漂流ごみが深刻 竹富島

炎天下、ごみを拾い集める参加者のみなさん=3日、竹富島北側の海岸

 竹富島のいんのた会(藤井幸吉会長)はこのほど、島の北側の海岸線を中心に、海浜清掃を行った。地域住民や中学生、石垣島からは郷友会メンバーも加わり、約20人が2時間かけてトン袋9袋もの大量の漂着ごみを回収した。
 ペットボトルをはじめ発泡スチロールやビニール袋など、プラスチック系のごみが非常に多く、八重山の海のプラスチック汚染が懸念される。ほとんどが漂流物と思われ、中には中国語の簡体字や繁体字、ハングル表記のものもあった。ビンや電球のような危険物や、漁具や釣り具、さらにタイヤのような大型ゴミまであった。どれもこれも島民にとって迷惑極まりない「やっかいなごみ」ばかりだ。
 この日は晴天、エメラルドの海にうっとりするが、足下はこのありさま。作業の最中に、海ガメの死骸を発見するが、これだけのごみの量を考えると、ビニール袋のようなごみを食べて窒息したのだろうかと、疑ってしまう。生態系への悪影響は間違いなくあるだろう。
 藤井会長は「予想以上のごみの量だった。他の場所や他の島でも大変かもしれない」と心配した。地域住民がごみを減らす意識を高めていくことは当然だが、これだけの漂流ごみに対処するには、国が対策を強化し、国際的な取り組みも早急に進めていく必要があるだろう。
(隅田賢通信員)

関連記事

ピックアップ記事

  1.  第35回八重山地区児童・生徒科学作品展・中学校の部で優秀賞に輝いた石垣第二中の岡部壮良(そら)君(…
  2.  非進学校から東京大学を志し、見事合格を勝ち取った東大生の団体「東京大学フロンティアランナーズ」(神…
  3.  世界平和の鐘の会沖縄県支部(大濵達也支部長)は「国際平和の日」の21日正午、新栄公園の世界平和の鐘…

日付から記事を検索

2019年9月« 8月
« 8月    
 1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
30  

assembled by まめわざ










話題をチェック!

  1.  長崎純心大学准教授、石井望氏(漢文学・尖閣史)は22日、東京都内で講演し、16世紀末、日本の朱印船…
ページ上部へ戻る