いんのた会が海浜清掃 島民迷惑、漂流ごみが深刻 竹富島

炎天下、ごみを拾い集める参加者のみなさん=3日、竹富島北側の海岸

 竹富島のいんのた会(藤井幸吉会長)はこのほど、島の北側の海岸線を中心に、海浜清掃を行った。地域住民や中学生、石垣島からは郷友会メンバーも加わり、約20人が2時間かけてトン袋9袋もの大量の漂着ごみを回収した。
 ペットボトルをはじめ発泡スチロールやビニール袋など、プラスチック系のごみが非常に多く、八重山の海のプラスチック汚染が懸念される。ほとんどが漂流物と思われ、中には中国語の簡体字や繁体字、ハングル表記のものもあった。ビンや電球のような危険物や、漁具や釣り具、さらにタイヤのような大型ゴミまであった。どれもこれも島民にとって迷惑極まりない「やっかいなごみ」ばかりだ。
 この日は晴天、エメラルドの海にうっとりするが、足下はこのありさま。作業の最中に、海ガメの死骸を発見するが、これだけのごみの量を考えると、ビニール袋のようなごみを食べて窒息したのだろうかと、疑ってしまう。生態系への悪影響は間違いなくあるだろう。
 藤井会長は「予想以上のごみの量だった。他の場所や他の島でも大変かもしれない」と心配した。地域住民がごみを減らす意識を高めていくことは当然だが、これだけの漂流ごみに対処するには、国が対策を強化し、国際的な取り組みも早急に進めていく必要があるだろう。
(隅田賢通信員)

関連記事

ピックアップ記事

  1.  八重山郡体育協会(長浜信夫会長)は八重山郡のスポーツ振興を目的に17日夕、石垣市中央運動公園屋内練…
  2.  米軍普天間飛行場(宜野湾市)の移設先である名護市辺野古沿岸部の埋め立てを巡り、県による埋め立て承認…
  3.  県は16日、豊見城市の空手会館で、沖縄を襲った巨大地震に観光客も巻き込まれ、被災したとの想定で図上…

日付から記事を検索

2019年7月« 6月
« 6月    
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
293031  

assembled by まめわざ










話題をチェック!

  1.  尖閣諸島問題を研究している元米国海兵隊太平洋基地政務外交部次長のロバート・D・エルドリッヂ氏は28…
ページ上部へ戻る