高校入試がスタート 13日合格発表 きょうまで

高校入試が八重山の7会場で一斉に行われた=6日朝、八重山高校

 2019年度県立高校一般入試が、6日から2日間の日程で始まった。八重山会場は計7会場。各会場で生徒が受験し、志望校合格に向けペンを握った。合格発表は13日。
 八重山地区会場は八重山高校、八重山農林高校、八重山商工高校、八重山特別支援学校の4校。竹富町と与那国町では、出張検査場として大原中学校、波照間中学校、与那国中学校の計6会場で試験が行われた。
 初日の6日は、国語、理科、英語。7日は社会、数学、面接の日程となる。
 このうち、八重山高校(仲舛盛順校長)では午前9時15分に生徒が集合。職員から諸注意や、健康観察を受けて教室入りした。
 問題用紙が配られ、午前10時を迎えると受験生は問題用紙を開き、真剣な表情で問題に取り組んだ。
 八重山3校の平均倍率は0・71倍で、いずれも定員を上回る志願はなかった。一般入学の最終志願者数は八重山高校で、定員192人当たり185人の0・96倍。八重山商工高校は全日・定時合わせ、定員188人に対し110人で0・59倍。八重山農林高校は定員154人に対し86人で、0・56倍となっている。
 合格発表は13日午前9時に各学校で行われる。

関連記事

ピックアップ記事

  1.  陸自駐屯地配備に信念を持って反対する市民にとっても、先日の集会でのあの発言は内心、顰(しか)めっ面…
  2.  シルバーウイーク最終日の22日、観光を終え、新石垣空港から島を後にする観光客からは「安心して観光で…
  3.  石垣市が2019年度に障害者、障害児、難病患者を対象に実施したアンケートで、「今後、収入を得る仕事…

日付から記事を検索

2020年9月« 8月
« 8月    
 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
282930  

assembled by まめわざ









話題をチェック!

  1.  奄美、沖縄の自然を世界自然遺産登録を目指し、企業などで構成する「世界自然遺産推進共同企業体」の発足…
ページ上部へ戻る