覚せい剤密売、34人検挙 暴力団関係者ら 売り上げ数千万か 県警

押収された覚せい剤(県警提供)

 県警は7日、営利目的で覚せい剤を譲渡・所持したとして指定暴力団旭琉会龍神一家の関係者・新政人被告(46)(無職)=浦添市内間、起訴拘留中=らを検挙したと発表した。新被告と暴力団組員の男は共謀して覚せい剤を営利目的で譲渡し、県警と九州厚生局沖縄麻薬取締支所(マトリ)は両人から覚せい剤を譲り受け、使用したとして客の男女計32人も検挙した。

記事の続きを見る場合にはログインが必要です。会員登録は無料です。

関連記事

ピックアップ記事

  1.  日本酒、焼酎、泡盛などの「國酒」を製造する全国有志の蔵元が新型コロナウィルスの終息を祈念し、北海道…
  2.  日本政府が新型コロナウイルスの水際対策として実施している外国人の入国制限の緩和について、タイ、ベト…
  3.  連載3回目にして早くも再登場だ。小欄の常連になる予感がする。年末に「年間大賞」でもやったらぶっちぎ…

日付から記事を検索

2020年6月« 5月
« 5月    
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
2930  

assembled by まめわざ










話題をチェック!

  1.  石垣市議会6月定例会は一般質問最終日の28日、石垣亨、仲間均、宮良操の3氏が登壇した。石垣島への陸…
ページ上部へ戻る