覚せい剤密売、34人検挙 暴力団関係者ら 売り上げ数千万か 県警

押収された覚せい剤(県警提供)

 県警は7日、営利目的で覚せい剤を譲渡・所持したとして指定暴力団旭琉会龍神一家の関係者・新政人被告(46)(無職)=浦添市内間、起訴拘留中=らを検挙したと発表した。新被告と暴力団組員の男は共謀して覚せい剤を営利目的で譲渡し、県警と九州厚生局沖縄麻薬取締支所(マトリ)は両人から覚せい剤を譲り受け、使用したとして客の男女計32人も検挙した。

記事の続きを見る場合にはログインが必要です。会員登録は無料です。

関連記事

ピックアップ記事

  1.  石垣島で自然体験ツアーを行なっている21事業者から構成される団体「石垣島アウトフィッターユニオン」…
  2.  県は25日午後、県議の男性1人が新たに新型コロナウイルスに感染したと発表した。県議会事務局は同日、…
  3.  大浜中学校(島仲信秀校長、生徒418人)は25日、2020年度校内合唱コンクールを同校体育館で開催…

日付から記事を検索

2020年10月« 9月
« 9月    
 1234
567891011
12131415161718
19202122232425
262728293031  

assembled by まめわざ









話題をチェック!

  1.  約3万年前、ユーラシア大陸から台湾を経由し南西諸島に進出した人々は、どうやって海を渡り、遠い島々に…
ページ上部へ戻る