【金波銀波】沖縄への誘致運動が進む…

 沖縄への誘致運動が進む国立自然史博物館だが、誘致が実現した場合、建設場所は沖縄本島北部(やんばる)と八重山へ分散配置する案が有力のようだ◆昨年7月に石垣市で開かれたシンポジウムでも琉球大の関係者が、複数拠点という意味の「ネットワーク型」を明言していたが、4日に国頭村で開かれたシンポジウムのタイトルは、ずばり「ネットワーク型博物館がめざす地域との連携」だった。県内の有識者が強力に推す案のようである◆分散配置も悪くはないが、本島北部と八重山が誘致で綱引きをしていることを踏まえた「妥協案」に過ぎないなら、そもそも誘致の趣旨から揺らぎかねない◆分散配置が難しいのは、下手をすると施設を分散することで、魅力も分散させてしまうことだ。むしろ魅力を倍加させるような工夫をしなくてはならない。両地域の住民ぐるみで施設のあり方を論議する必要がありそうだが、簡単な話ではなく、ハードルは高そうだ。あるいは二カ所に拠点を置き、一方が本館、他方が分館という位置づけも考えられるが、誘致活動してきた住民はなかなか納得しづらいだろう◆今後予想されるさまざまな難問を考えると、大きな勇気が必要になるが、やはり一カ所に決めてしまったほうがベターではないかとも思える。

関連記事

ピックアップ記事

  1.  沖縄は今も2週間前の首里城焼失の関連ニュースで持ち切りだが、東アジアは緊迫している。沖縄の将来にと…
  2.  沖縄21世紀ビジョンを総点検し、新たな沖縄振興計画に反映させる県振興審議会環境部会(宮城邦治部会長…
  3.  国際的な食品の商談会「沖縄大交易会2019」(主催・同実行委員会)が14日、宜野湾市の沖縄コンベン…

お知らせ

登録されているお知らせはございません。

日付から記事を検索

2019年11月« 10月
« 10月    
 123
45678910
11121314151617
18192021222324
252627282930  

assembled by まめわざ










話題をチェック!

  1.  尖閣諸島問題を研究している元米国海兵隊太平洋基地政務外交部次長のロバート・D・エルドリッヂ氏は28…
ページ上部へ戻る