「国民守る尊い任務」 自衛隊採用予定者14人を激励

記念撮影する自衛隊採用予定者14人と関係者ら=9日午後、南の美ら花ホテルミヤヒラ

 「2018年度自衛隊採用予定者激励会」(八重山防衛協会など主催)が9日午後、市内ホテルで開かれ、採用予定者14人を関係者らが激励した。
 今年度の採用予定者は、陸上自衛隊の一般曹候補生5人、自衛官候補生1人、航空自衛隊の一般曹候補生1人、自衛官候補生7人の計14人。一人ひとりが「自衛隊になることを後押ししてくれた両親に感謝し、自分の目標を忘れずに頑張る」、「困っている人を助け、多くの場面で活躍できるよう頑張る」など決意表明した。
 激励会では国歌斉唱に続き、採用予定者が紹介。主催者代表挨拶を行った八重山防衛協会の三木巖会長は「厳しい選抜の中から選ばれた14人の若者を誇りに思う。日本の安全を守るというのは尊いこと」と激励。
 自衛隊沖縄地方協力本部の松永浩二本部長は、採用予定者とその家族に感謝し、「入隊予定者数が県、八重山地区ともに増加しているのは喜ばしい。石垣にも部隊ができるが、陸上自衛隊は地域密着の組織。自分たちのまちは自分たちが守るという気持ちで、いつの日か石垣で勤務できることがあれば」と祝辞を贈った。
 大浜一郎県議は「自衛隊は国民の命と財産を守る崇高な使命を持っている。災害時の献身的な活動は周知されているし、有事の際に最前線で任務を果たすのも自衛隊。多くの人たちがあなたたちを見守っている」と呼び掛けた。
 このほか中山義隆石垣市長、西大舛髙旬竹富町長が来賓祝辞を行った。

関連記事

ピックアップ記事

  1.  JAおきなわ(普天間朝重代表理事)が5月29日から実施しているJA石垣牛への支援を募る購買型のクラ…
  2.  玉城デニー知事は3日、県庁で記者会見し、県内の新型コロナウイルスの状況について「小康状態」とした上…
  3.  今年は中学校教科書採択の年となっており、八重山地区では石垣市と与那国町でつくる協議会と、竹富町単独…

日付から記事を検索

2020年6月« 5月
« 5月    
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
2930  

assembled by まめわざ










話題をチェック!

  1.  第一マリンサービス(熊坂俊彦代表取締役)は13日、那覇市と北谷町、恩納村、本部町を結ぶ高速船の運航…
ページ上部へ戻る