自衛隊関係団体が入隊者を激励 那覇駐屯地、128人が参加

激励式に参加した採用予定者ら=10日、那覇駐屯地

 沖縄県防衛協会や自衛隊沖縄地方協力本部など県内関係団体は10日、共催で今年度自衛隊入隊予定者の激励会を那覇駐屯地で開いた。参加した入隊予定者は128人。緊張した面持ちで、保護者や参列した自衛官、来賓客に見守られ、決意を新たにした。今年度、沖縄からの入隊予定者は262人で、2017年度と比較し30人程増加した。
 防衛省・自衛隊には幹部候補生を要請し、将来の幹部自衛官を育成する防衛大学校や、航空機のパイロットや医官などの専門職を養成する学校など多種多様な教育機関がある。また、任期制自衛官や下士官として部隊の中核を担う隊員らの養成は、各地の駐屯地などで行われる。採用予定者らは、今春から沖縄を離れ、寮生活や隊舎で生活する予定だ。

記事の続きを見る場合にはログインが必要です。会員登録は無料です。

関連記事

ピックアップ記事

  1.  環境省からサンゴ学習団体「わくわくサンゴ石垣島」が委託を受け、川平小学校の5、6年生11人と地域の…
  2.  観光客の急増で狭隘(きょうあい)化が指摘される新石垣空港の国内線ターミナル増改築の着手が、2021…
  3.  第24回オープントーナメントグランドチャンピオン決定戦・全日本少年少女空手道選手権大会(主催・社団…

日付から記事を検索

2019年6月« 5月
« 5月    
 12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930

assembled by まめわざ










話題をチェック!

  1.  石垣島への陸上自衛隊配備計画が進む駐屯地建設予定地入口で20日朝、推進派が設置したのぼりがへし折ら…
ページ上部へ戻る