段階的に定額課税 観光目的税導入で検討委

協議では、税率について多数決で採決。段階的定額方式に決まった=11日、沖縄産業支援センター

 観光目的税制度の導入施行に関する検討委員会(委員長・下地芳郎琉大教授)は11日、沖縄産業支援センターで第3回会合を開催した。分科会では、1人1泊200円とする一律定額方式と、1人1泊2万円未満までは200円、それ以上は500円とする段階的定額方式の2案に絞り、判断を委員会に委ねていた。多数決の結果、段階的に定額で納税を求める方式を決めた。同委員会は3月中に制度設計などの案を玉城デニー知事に報告する。
 観光目的税の課税対象はホテルなどへの宿泊で、納税義務者は宿泊者。徴収方法はホテル側などによる特別徴収で、課税標準は宿泊日数。ただ、国内外からの修学旅行生とその引率者は免除される。
 税はホテル側が宿泊者の宿泊料金に上乗せする形で徴収する方法が考えられる。ホテル旅館組合の委員からは「徴収事業者の負担を考えると(一律)定額方式のほうが良い」という意見が出た。料金システムなどの改修で事業者に負担がかかる場合があるとの指摘もあった。
 下地委員長は「住民と連携できる仕組み作りも必要だ。税収は、一定の額が増えていく方向を目指す必要がある」と、段階的な定額方式が望ましい理由を説明した。

関連記事

ピックアップ記事

  1.  国の安全保障政策に対抗するため、県が国との法廷闘争に突入するという異常な事態が2代の県政にわたって…
  2.  石垣市は、災害時に障害者や高齢者などの「要援護者」が避難したり、平常時には子どもたちと交流する拠点…
  3.  太平洋戦争末期、西表島祖納沖で墜落した米軍機パイロットの遺骨収集に向け、マイケル・マカロニン氏=ニ…

日付から記事を検索

2019年3月« 2月
« 2月    
 123
45678910
11121314151617
18192021222324
25262728293031

assembled by まめわざ










話題をチェック!

  1.  国頭郡東村の「高江ヘリパッド移設工事反対運動」の現場で2016年9月17日、反基地活動家らによる「…
ページ上部へ戻る