段階的に定額課税 観光目的税導入で検討委

協議では、税率について多数決で採決。段階的定額方式に決まった=11日、沖縄産業支援センター

 観光目的税制度の導入施行に関する検討委員会(委員長・下地芳郎琉大教授)は11日、沖縄産業支援センターで第3回会合を開催した。分科会では、1人1泊200円とする一律定額方式と、1人1泊2万円未満までは200円、それ以上は500円とする段階的定額方式の2案に絞り、判断を委員会に委ねていた。多数決の結果、段階的に定額で納税を求める方式を決めた。同委員会は3月中に制度設計などの案を玉城デニー知事に報告する。
 観光目的税の課税対象はホテルなどへの宿泊で、納税義務者は宿泊者。徴収方法はホテル側などによる特別徴収で、課税標準は宿泊日数。ただ、国内外からの修学旅行生とその引率者は免除される。
 税はホテル側が宿泊者の宿泊料金に上乗せする形で徴収する方法が考えられる。ホテル旅館組合の委員からは「徴収事業者の負担を考えると(一律)定額方式のほうが良い」という意見が出た。料金システムなどの改修で事業者に負担がかかる場合があるとの指摘もあった。
 下地委員長は「住民と連携できる仕組み作りも必要だ。税収は、一定の額が増えていく方向を目指す必要がある」と、段階的な定額方式が望ましい理由を説明した。

関連記事

ピックアップ記事

  1.  沖縄は今も2週間前の首里城焼失の関連ニュースで持ち切りだが、東アジアは緊迫している。沖縄の将来にと…
  2.  沖縄21世紀ビジョンを総点検し、新たな沖縄振興計画に反映させる県振興審議会環境部会(宮城邦治部会長…
  3.  国際的な食品の商談会「沖縄大交易会2019」(主催・同実行委員会)が14日、宜野湾市の沖縄コンベン…

お知らせ

登録されているお知らせはございません。

日付から記事を検索

2019年11月« 10月
« 10月    
 123
45678910
11121314151617
18192021222324
252627282930  

assembled by まめわざ










話題をチェック!

  1.  沖縄「建白書」を実現し未来を拓く島ぐるみ会議名護(稲嶺進代表)は19日、辺野古の埋め立て用土砂の搬…
ページ上部へ戻る