島野菜の魅力再発見 ヘルスメイトが調理法を学ぶ

調理師会会員がヘルスメイトに調理技術を指導した=11日午前、石垣市健康福祉センター

 「島野菜の美味しい調理法、美しい切り方を学び生かそう!」をテーマに、八重山保健所は11日午前、石垣市健康福祉センターで「健康づくりボランティア交流会」を開き、石垣・竹富・与那国の3市町食生活改善推進員(ヘルスメイト)35人が、飾り切りのコツや島野菜の新しい調理法を学び、交流を深めながら島野菜の魅力を再発見した。
 この日、八重山調理師会の川平展史会長と近藤孝志さんが講師として訪れ、チョウの形をした人参の飾り切りと調理実習を指導。ヘルスメイトらは4グループに分かれ、近藤さんの手本をじっくりと観察した後、繊細な作業に苦戦しながらも、互いの出来映えを見せ合いながら切り方のコツをマスターした。
 調理実習では、川平会長や近藤さんの指導のもと、▽八重山の薬草がゆ▽麻婆ナーベラ▽ナーベラの酢味噌かけ▽青パパイヤのエビマヨ和え▽冬瓜餅の6品に挑戦。完成した料理を試食し、普段とは違う島野菜の料理や味に舌鼓を打った。
 同交流会は、「健康づくりボランティア養成・活動支援強化事業」の一環。実習を通してヘルスメイトの交流を図り、地域の健康づくり活動を充実させる事を目的に実施しており、同保健所の西里礼乃さんは「新しい島野菜の調理法や切り方を学び、活動を行っていくなかで、子どもや高齢者・お母さん世代など様々な人に対し、食育も兼ねて料理の楽しさを伝えられたら」と話し、交流会に参加した3市町食生活改善推進協議会の請舛姫代会長は「ヘルスメイトの生き生きとした姿を見て、八重山地域が健康であることの証明が見えてきた気がする。きょうは、講師からプロの調理を学び、よりよく食べることの必要性を感じました」と感想を述べた。

関連記事

ピックアップ記事

  1.  約600年の伝統があると言われ、国の重要無形民俗文化財の指定を受ける竹富島の「種子取祭(タナドゥイ…
  2.  試合後、新里和久監督はミーティングを開き、部員らに「野球さえ良ければ良いという考えじゃなく、人とし…
  3.  県は21日午後、第57回技能五輪全国大会・第39回全国アビリンピックの選手団結団式を行った。愛知県…

お知らせ

登録されているお知らせはございません。

日付から記事を検索

2019年10月« 9月
« 9月    
 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
28293031  

assembled by まめわざ










話題をチェック!

  1.  与那国町、町商工会、琉球銀行、NTTドコモの四者は19日、県庁で記者会見し、町のキャッシュレス化を…
ページ上部へ戻る