島野菜の魅力再発見 ヘルスメイトが調理法を学ぶ

調理師会会員がヘルスメイトに調理技術を指導した=11日午前、石垣市健康福祉センター

 「島野菜の美味しい調理法、美しい切り方を学び生かそう!」をテーマに、八重山保健所は11日午前、石垣市健康福祉センターで「健康づくりボランティア交流会」を開き、石垣・竹富・与那国の3市町食生活改善推進員(ヘルスメイト)35人が、飾り切りのコツや島野菜の新しい調理法を学び、交流を深めながら島野菜の魅力を再発見した。
 この日、八重山調理師会の川平展史会長と近藤孝志さんが講師として訪れ、チョウの形をした人参の飾り切りと調理実習を指導。ヘルスメイトらは4グループに分かれ、近藤さんの手本をじっくりと観察した後、繊細な作業に苦戦しながらも、互いの出来映えを見せ合いながら切り方のコツをマスターした。
 調理実習では、川平会長や近藤さんの指導のもと、▽八重山の薬草がゆ▽麻婆ナーベラ▽ナーベラの酢味噌かけ▽青パパイヤのエビマヨ和え▽冬瓜餅の6品に挑戦。完成した料理を試食し、普段とは違う島野菜の料理や味に舌鼓を打った。
 同交流会は、「健康づくりボランティア養成・活動支援強化事業」の一環。実習を通してヘルスメイトの交流を図り、地域の健康づくり活動を充実させる事を目的に実施しており、同保健所の西里礼乃さんは「新しい島野菜の調理法や切り方を学び、活動を行っていくなかで、子どもや高齢者・お母さん世代など様々な人に対し、食育も兼ねて料理の楽しさを伝えられたら」と話し、交流会に参加した3市町食生活改善推進協議会の請舛姫代会長は「ヘルスメイトの生き生きとした姿を見て、八重山地域が健康であることの証明が見えてきた気がする。きょうは、講師からプロの調理を学び、よりよく食べることの必要性を感じました」と感想を述べた。

関連記事

ピックアップ記事

  1.  中国武漢を発生源とする新型コロナウイルス感染症拡大が深刻化する中、石垣市は4日午後、新石垣空港(南…
  2.  全国的に新型コロナウイルスの感染拡大が続く中、医療体制が脆弱な離島で医師の不安が高まっている。各離…
  3.  県内で4日、新型コロナウイルスの感染者が1日では最多となる5人に達した。いずれも沖縄本島中南部だが…

日付から記事を検索

2020年4月« 3月
« 3月    
 12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
27282930  

assembled by まめわざ










話題をチェック!

  1.  文化庁は20日、地域の有形・無形の文化財をテーマでまとめ、魅力を発信する「日本遺産」に21道府県の…
ページ上部へ戻る