国内外へ乗り継ぎ便利に 那覇空港、新ターミナル完成 18日から供用開始

新しく供用される際内連結ターミナル3階にあるイベントホール「ふくぎホール」。伝統芸能など多彩なイベントの開催が見込まれる(写真上)。記念式典でのテープカットの様子(写真下)=13日、那覇空港

 那覇空港ビルディング(兼島規社長)は13日、国内線・国際線両ターミナルビルを連結する那覇空港際内連結ターミナルの落成式典を開催した。国内線と国際線の両ターミナルを連結する場所に建設したもので、乗り継ぎしやすくするのが狙い。国際線の搭乗手続き窓口も増やした。従来、貨物ターミナル地区で利用客が乗降していたLCC(格安航空会社)2社は、際内連結ターミナルに移転する。供用開始は18日から。
 新ターミナルは5階建てで、延べ床面積は約3万9千平方メートル。土産物店や飲食店など計36店舗が入る。空港全体で国際線の搭乗手続き窓口は、今回の増設で3倍の計60カ所となる。
 国際線のカウンターを3階に移動。国内線と同一のフロア上に配置することで利用者のスムーズな乗り換えを実現した。空港で離発着する全ての航空会社が国内・際内連結・国際の3施設で構成される1つのターミナルビルとして活用することになり、利便性が向上する。
 兼島社長は「国内線と国際線の連携が強化される。自動チェックイン機などの導入で、手続きの迅速化も図る」と述べた。
 際内連結ターミナル2階には物販店舗などで構成する商業エリア「YUINICHI STREET」をオープンさせ、沖縄初出店の店舗を含む36店舗が軒を連ねる。3階と4階には多彩な飲食店が入るフードコートを設置。滑走路や東シナ海を眺めながら食事を楽しめる。
 さらに、国内線の航空会社が共用するバスラウンジも増設。今後、可能性のある就航便数の増加にも対応する。
 貨物ターミナルで乗り降りしていたLCCのピーチ・アビエーションとバニラ・エアの利用客が、際内連結ターミナルを使用できるようになった。
 謝花喜一郎副知事はあいさつで、第二滑走路の供用開始も近いことに触れ、「海外からの旅行客の離島への周遊や、離島住民の本土や海外への円滑な乗り継ぎなど、利用客の流れが多様化する」と期待した。
 那覇空港では国際線旅客の急増に対応するため、2017年1月から新ターミナル整備に着手した。滑走路の増設工事も、20年3月の供用開始を目指して着々と進められている。

関連記事

ピックアップ記事

  1.  石垣市の嵩田林道で、県有地の森林が何者かによって無断伐採されていることが、18日までに分かった。伐…
  2.  「闇ぬ世(ゆう)から太陽(てぃだ)ぬ世へ」をテーマに、「第15回ハンセン病市民学会総会・交流集会i…
  3.  沖縄県は17日夕、クロマグロ漁で県内割当量の95%(約107・8㌧)に達したため、採捕停止命令を告…

日付から記事を検索

2019年5月« 4月
« 4月    
 12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
2728293031  

assembled by まめわざ










話題をチェック!

  1.  玉城デニー知事が昨年9月の知事選で掲げた公約ではあるが、払拭できない幾つかの疑問点がある。有識者ら…
ページ上部へ戻る