マラソン力向上に貢献 駅伝指導者で西田隆維氏 5年間の事業終える 石垣

八重高駅伝部などで市の競技力向上をサポートした西田隆維氏(前列左から3人目)と、王滝将弘監督(後列右端)、同部のメンバー=13日夕、市中央運動公園陸上競技場

 石垣市のジュニアアスリートの競技力と指導者の資質向上を推進する「いきいきスポーツ活動助成事業」の一環として、2014年度から行われてきた「駅伝指導者派遣事業」が13日、5年間の事業を終えた。指導者に選出されたのは、日本代表として01年のエドモントン世界選手権9位などの実績をもつ西田隆維氏(41)=東京都=で、八重山高校駅伝部(現在部員12人)を中心に指導に当たり、その実力と人格で生徒の技術力と主体性を伸ばし、部の成績向上に貢献した。

記事の続きを見る場合にはログインが必要です。
ログイン

会員登録は無料です。
会員登録

関連記事

ピックアップ記事

  1.  石垣市の嵩田林道で、県有地の森林が何者かによって無断伐採されていることが、18日までに分かった。伐…
  2.  「闇ぬ世(ゆう)から太陽(てぃだ)ぬ世へ」をテーマに、「第15回ハンセン病市民学会総会・交流集会i…
  3.  沖縄県は17日夕、クロマグロ漁で県内割当量の95%(約107・8㌧)に達したため、採捕停止命令を告…

日付から記事を検索

2019年5月« 4月
« 4月    
 12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
2728293031  

assembled by まめわざ










話題をチェック!

  1.  米中間選挙から一夜明けたトランプ大統領の記者会見が話題になっている。批判的な質問を執拗に続けたテレ…
ページ上部へ戻る