【金波銀波】東京都港区から教育長や…

 東京都港区から教育長や高輪台小学校関係者らが来島し、校歌の「酷似」問題で揺れる石垣中を訪問した。高輪台小側からは一時、石垣中の校歌を変更するよう求める強硬意見もあったが、これを機に石垣市との自治体間交流を深めることを確認したという◆ただ今回の問題は、あくまでも石垣市側に非がある。創立当時の校長が戦前に高輪台小で勤務していたことが明らかになり、校歌の流用が「確信犯」だったことが確実になった◆当事者が郷土の大先輩であることは事実だ。また、当時は著作権という概念が薄かっただろうし、終戦直後の混乱という事情もあるかも知れない。しかし現在に至るまで、この問題が多くの関係者に波紋を広げている現状を見ると「昔のことだから」で済む問題ではない。高輪台小側の寛大さがなければ、大きなスキャンダルになっていた◆石垣市側は「迷惑を掛けた」という意識をしっかりと持つべきだし、校歌を歌い継ぐことができるのは、あくまでも高輪台小側の好意によることも自覚しなくてはならない。学校側としては今後とも、真の作詞、作曲者が誰であるか、きちんと生徒に指導すべきだ◆「雨降って地固まる」とは、石垣市側の猛省が先にあって言えること。そこを忘れるべきではない。

関連記事

ピックアップ記事

  1.  「知って活かそうバガー(我)島の憲法『自治基本条例』」と銘打った集会(主催・同実行委員会)が17日…
  2.  日本ソフトテニス連盟は16日、全日本U―17チーム選手を発表し、八重山高校1年の高嶺心萌(16)が…
  3.  石垣中学校(宮良信浩校長、全校生徒552人)が17日午後、レインボーハートプロジェクトokinaw…

日付から記事を検索

2020年1月« 12月
« 12月    
 12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
2728293031  

assembled by まめわざ










話題をチェック!

  1.  赤嶺政賢衆院議員は7日、陸上自衛隊駐屯地建設に向けた用地造成工事が進む石垣市平得大俣地区を訪れ、フ…
ページ上部へ戻る