リニューアルで初参戦 島んちゅ焼肉 豪 日報杯バスケ

リニューアルして初参戦した「島んちゅ焼肉 豪」のメンバーら=16日午後、八重山高校体育館

 中高一般男子の部で過去2回の大会参加経験を持つ「Dining Bar G・O」が、心機一転、名前をリニューアルし、「島んちゅ焼肉 豪」として初参戦したが、「八重山高校3年」に敗れて準決勝進出を逃した。
 監督兼選手の内田完(28)は「やっぱり高校生は動きが速い。スリーポイントもめちゃくちゃ入っていた」と試合を振り返り、「体力作りから始めて、次の大会に向けて頑張る」と意気込んだ。
 応援に駆け付けた豪のオーナー・具志堅浩平(28)さんは精肉店とバー「G・O」を経営しており、バーだった店を改装して、長年の夢だった焼肉店開業を実現させた。内田監督の務める㈱内田食品と連携し、生産から加工までを行うことでコストを下げた。
 「リーズナブルに石垣産の肉を味わえる、地元の人が行きやすい焼肉店にしたかった。食べている人の笑顔が達成感」と焼肉と地元への思いを語った。豪は25日にオープン予定。

関連記事

ピックアップ記事

  1.  国の安全保障政策に対抗するため、県が国との法廷闘争に突入するという異常な事態が2代の県政にわたって…
  2.  石垣市は、災害時に障害者や高齢者などの「要援護者」が避難したり、平常時には子どもたちと交流する拠点…
  3.  太平洋戦争末期、西表島祖納沖で墜落した米軍機パイロットの遺骨収集に向け、マイケル・マカロニン氏=ニ…

日付から記事を検索

2019年3月« 2月
« 2月    
 123
45678910
11121314151617
18192021222324
25262728293031

assembled by まめわざ










話題をチェック!

  1.  玉城デニー知事は29日、宜野湾市を訪れ、昨年末に米軍普天間飛行場所属ヘリから部品が落ちたと訴える緑…
ページ上部へ戻る