石垣港保安設備を合同点検 施設整備の在り方も論議

フェンスの損傷などを点検=20日、浜崎町地区国際埠頭岸壁

 内閣府沖縄総合事務局石垣港事務所は20日午後、石垣港浜崎地区国際埠頭E・F岸壁と石垣港新港地区国際埠頭岸壁2カ所で石垣港港湾保安協議会メンバーと連携して合同点検を行った。協議会メンバーと連携しての合同点検は今回が初めて。
 点検は国際的な連続テロ事案の発生や、2020年オリンピック・パラリンピック東京大会などの開催を踏まえ実施。フェンスの損傷の有無、出入り管理状況について点検した。
 点検後の意見交換会では協議会メンバーから車両侵入防止の標識アングルやゲートを通過する際に警備員がスムーズに対応できる設備になっているかなどについて指摘。
 同事務所は引き続き設備の修繕の実施と警備員への指導も促しながら指摘の点も踏まえて施設整備の在り方について検討していくとした。

関連記事

ピックアップ記事

  1.  トランプ前大統領が映画『ホーム・アローン2』に登場する。そのシーンを削除するかどうかが話題らしい。…
  2.  八重山防衛協会が昨年、八重山地区への海上自衛隊誘致を防衛省に要請した。海自配備にはどのような意義が…
  3.  新型コロナウイルス感染拡大に伴う「GOTОトラベル」停止や緊急事態宣言の影響で、八重山地区の観光関…

お知らせ

登録されているお知らせはございません。

日付から記事を検索

2021年1月« 12月
« 12月    
 123
45678910
11121314151617
18192021222324
25262728293031

assembled by まめわざ









話題をチェック!

  1.  石垣島への陸上自衛隊配備に向け、駐屯地建設工事が進む平得大俣地区の旧ゴルフ場前で、石垣市が市有地に…
ページ上部へ戻る