石垣港保安設備を合同点検 施設整備の在り方も論議

フェンスの損傷などを点検=20日、浜崎町地区国際埠頭岸壁

 内閣府沖縄総合事務局石垣港事務所は20日午後、石垣港浜崎地区国際埠頭E・F岸壁と石垣港新港地区国際埠頭岸壁2カ所で石垣港港湾保安協議会メンバーと連携して合同点検を行った。協議会メンバーと連携しての合同点検は今回が初めて。
 点検は国際的な連続テロ事案の発生や、2020年オリンピック・パラリンピック東京大会などの開催を踏まえ実施。フェンスの損傷の有無、出入り管理状況について点検した。
 点検後の意見交換会では協議会メンバーから車両侵入防止の標識アングルやゲートを通過する際に警備員がスムーズに対応できる設備になっているかなどについて指摘。
 同事務所は引き続き設備の修繕の実施と警備員への指導も促しながら指摘の点も踏まえて施設整備の在り方について検討していくとした。

関連記事

ピックアップ記事

  1.  石垣市議会の「平得大俣地域への陸上自衛隊駐屯地配備に関する特別委員会」(長山家康委員長、10人)が…
  2.  県は27日夜、危機管理体制本部会議(本部長・玉城デニー知事)で肺炎を引き起こす新型コロナウイルス感…
  3.  新型コロナウイルス(COVID19)の感染拡大に伴い、学校行事の規模縮小や時間短縮などを求めた25…

日付から記事を検索

2020年2月« 1月
« 1月    
 12
3456789
10111213141516
17181920212223
242526272829  

assembled by まめわざ










話題をチェック!

  1.  文化庁は20日、地域の有形・無形の文化財をテーマでまとめ、魅力を発信する「日本遺産」に21道府県の…
ページ上部へ戻る