地元産品など好評 野底で「じょーとーむん祭り」 石垣市

北部の特産品が販売された「石垣北部じょーとーむん祭り」に家族連れなどが訪れた=24日午前、栄公民館周辺

 特産品販売などで石垣島北部の魅力をアピールする「第2回石垣北部じょーとーむん祭り」(主催・石垣市北部農村集落活性化協議会)が24日、野底地区の栄公民館周辺で開かれた。北部で収穫された無農薬野菜を使った料理を出す「北部給食食堂」などの催しがあり、大勢の人たちでにぎわった。
 祭りは2017年、伊野田地区で開かれて以来、2年ぶりの開催。同協議会が地元住民を対象に開いた「畑おこし講座」で収穫されたタマネギ、ニンジン、にんにくなどの地元食材が運ばれ、北部の学校で給食に携わっている人たちが調理した。
 祭りでは、汁そばや野菜サラダなど、学校給食をイメージしたメニューが500円で販売された。

記事の続きを見る場合にはログインが必要です。会員登録は無料です。

関連記事

ピックアップ記事

  1.  新型コロナウイルスの感染が全国で拡大していることを受け、石垣市の中山義隆市長は3月31日、市役所で…
  2.  新型コロナウイルスの感染拡大を受け、県経済団体会議(石嶺伝一郎議長)は3月31日朝、玉城デニー知事…
  3.  大都市圏を中心に新型コロナウイルスの感染が拡大する中、石垣市の中山義隆市長が感染の可能性がある観光…

日付から記事を検索

2020年4月« 3月
« 3月    
 12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
27282930  

assembled by まめわざ










話題をチェック!

  1.  石垣島への陸上自衛隊配備に向け、駐屯地建設工事が進む平得大俣地区の旧ゴルフ場前で、市森林区域にあっ…
ページ上部へ戻る