「被害者全員の即時帰国を」 拉致考える集い、沖縄初開催

登壇し、資料を見せ説明する横田拓也氏(中央)。会場は聴衆でいっぱいになり、涙ぐむ人もいた=24日、沖縄青年会館

 政府、県、那覇市が主催した「北朝鮮による拉致問題を考える国民の集い」が24日、同市の沖縄青年会館で開かれた。沖縄では初開催。拉致被害者・横田めぐみさんの弟で、家族連絡会の横田拓也事務局長は「すべての拉致被害者を即時一括帰国させる一点で、一枚岩になってほしい」と世論の後押しを求めた。
 菅義偉官房長官は、米国との連携を強化する考えを示した上で「拉致問題を解決し、国交正常化を目指す決意に変わりはない。まさに正念場だ。ありとあらゆるチャンスを逃さず、全力で果敢に行動する」と拉致問題解決への決意を重ねて示した。

記事の続きを見る場合にはログインが必要です。会員登録は無料です。

関連記事

ピックアップ記事

  1.  「118番の日」にちなみ石垣海上保安部(増田克樹部長)は18日午後、FMいしがきサンサンラジオに出…
  2.  離島ならではの旅情が人気の竹富町内の小規模な民宿や旅館が、コロナ禍で厳しい現実に直面している。臨時…
  3. 石垣市が昨年10月、尖閣諸島の字名を「登野城尖閣」に変更する前、中国駐福岡総領事館から市に対し、電話…

お知らせ

登録されているお知らせはございません。

日付から記事を検索

2021年1月« 12月
« 12月    
 123
45678910
11121314151617
18192021222324
25262728293031

assembled by まめわざ









話題をチェック!

  1.  第一マリンサービス(熊坂俊彦代表取締役)は13日、那覇市と北谷町、恩納村、本部町を結ぶ高速船の運航…
ページ上部へ戻る