事前合宿協定締結 仏バレーボール男子 東京五輪

仏バレーボール連盟エリック・タンギ会長(左)と富川盛武副知事、桑江朝千夫沖縄市長=26日、県庁1階ロビー

 県と沖縄市(桑江朝千夫市長)は26日午後、仏バレーボール連盟(エリック・タンギ会長)と2020年の東京五輪とパラリンピックで、仏バレーボール男子代表チームの事前合宿先として同市に決定したことを盛り込んだ協定の締結式を県庁で開いた。式にはタンギ会長と富川盛武副知事、桑江市長が出席した。
 沖縄県内における東京2020大会での事前合宿決定は今回で5件目。
 締結式で玉城知事のあいさつ文を代読した富川副知事は「県民との交流を含め、充実した事前キャンプを過ごしてほしい」と述べた。桑江市長は「欧州強豪国のプロ選手のプレーを見れるということは素晴らしいこと。フランスと沖縄市の友好につなげたい」と事前合宿を歓迎した。
 タンギ会長は「東京五輪で仏代表チームは金メダルを目指している。メダルが獲れたら沖縄の皆さんとその喜びを分かち合いたい」と述べた。

関連記事

ピックアップ記事

  1. 来年1月末まで予定されている政府の観光支援策「GO TОトラベル」の延長を求める声が八重山の観光事業…
  2. 自衛隊沖縄地方協力本部の石垣出張所(岡本知力羅所長)と宮古島出張所(永利誠実所長)が11月14~15…
  3. 12月1日の世界エイズデーにちなみ、八重山農林高等学校(山城聡校長)は2日、「性と生を考える」をテー…

お知らせ

登録されているお知らせはございません。

日付から記事を検索

2020年12月« 11月
« 11月    
 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
28293031  

assembled by まめわざ









話題をチェック!

  1.  約3万年前、ユーラシア大陸から台湾を経由し南西諸島に進出した人々は、どうやって海を渡り、遠い島々に…
ページ上部へ戻る