研究紀要を初発行 知覧特攻平和会館長ら来社

寄贈された『「軍神」を忘れた沖縄』を手にする知覧特攻平和会館の朝隈克博館長(左)と桑代照明参事=26日午後、八重山日報社

 特攻隊員、戦没者1036人の遺品を展示・収蔵している知覧特攻平和会館=鹿児島県南九州市=の朝隈克博館長(57)と桑代照明参事(62)、慰霊祭実行委員会の上地和浩副会長(60)が、伊舎堂用久中佐と隊員の慰霊祭が行われた26日、八重山日報社を表敬訪問し、同館研究紀要の初の発行と来年の慰霊祭の方針などを話した。
 朝隈館長は、同紀要が3月末に初めて発行されたと報告。特攻に関する証言者の多くが亡くなり、また高齢化が進む中、紀要は同館で保管する資料の来歴や客観的背景、資料保存への取組みなどを研究し、その成果を記録することが目的。今後は年に一度発行していく。
 「一次資料をありのままに紹介している。紀要を多くの方に見てもらい、いろんな立場から検討してもらいたい」と述べた。
 紀要第1号では▽展示されてきた遺書や手紙など、特徴の異なる20点の製紙原料の調査▽同館収蔵資料の保存への取組みの概要▽女学生がつづった「特攻日記」の基礎的研究―などが報告されている。
 上地副会長は、「伊舎堂中佐は全く知られていなかった」と述べ、顕彰碑建立の経緯を説明。本土復帰以前には学校教諭が国旗を揚げて提灯行列をなしたが、復帰後に国旗に対するうがった見方が広まり、学校で特攻隊を教えづらい状況へと変化したと振り返った。
 また、慰霊祭後に朝隈館長らと伊舎堂家を訪れ、資料の保存方法を指導し、学芸員を派遣する約束をしたとし、中佐らが特攻して75年となる来年の慰霊祭について、「館長らの協力を得つつ、遺品展なども考えている」と述べた。
 また、同社の仲新城誠編集長が『「軍神」を忘れた沖縄』を同館へ寄贈した。 

関連記事

ピックアップ記事

  1.  竹富町の西表島観光ガイド免許制度で、第1号の免許証が西表島大富のガイド業「うみあっちゃー」代表中川…
  2.  石垣市の星野自治公民館(平良雅樹館長)は20日、入植70周年記念事業の一環としてことし3月に建立し…
  3.  2020年度とぅばらーま大会作詞の部の審査発表が20日、石垣市民会館中ホールであり、最優秀賞に黒島…

日付から記事を検索

2020年9月« 8月
« 8月    
 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
282930  

assembled by まめわざ









話題をチェック!

  1.  赤嶺政賢衆院議員は7日、陸上自衛隊駐屯地建設に向けた用地造成工事が進む石垣市平得大俣地区を訪れ、フ…
ページ上部へ戻る