コンビニ全店にAED 市とファミマが協定

市内のコンビニ全店にAEDが設置された=27日、ファミリーマート石垣市役所前店

 コンビニAED設置に関する覚書締結・設置式が27日、ファミリーマート石垣市役所前店で開かれ、石垣市が市内のコンビニエンスストア18店舗にAEDを設置した。24時間営業のコンビニにAEDを設置することで、救命体制を強化することが目的。
 協定書の調印後、中山義隆市長はこれまでにAED活用で重症者が社会復帰を果たした事例を紹介し、「24時間対応のコンビニに設置されることは意義深い。安心安全なまちづくりに貢献するものだ」と述べた。
 株式会社沖縄ファミリーマート(野崎真人代表取締役社長)の棚原洋営業本部長は、石垣市との締結で県内9自治体目と報告。「年中無休のコンビニに設置することで、多くの人命救助に結びつけられたら」とあいさつした。
 石垣市消防本部によるとコンビニ全店設置で、24時間利用できる市民救急ステーションは74カ所となる。内訳は市街地41カ所、市街地外33カ所。24時間利用の場所としてはコンビニのほか、ホテルや自治防災会などがある。市内全体の救急ステーションは201カ所となった。
 今回の事業費は一括交付金事業で621万円。

関連記事

ピックアップ記事

  1.  海上保安庁が巡視船や航空機で任務に当たる保安官の新型コロナウイルスの感染防止に細心の注意を払ってい…
  2.  県は9日、新型コロナウイルス感染症対策として那覇空港の国内線1階到着ロビーにサーモグラフィ設置し、…
  3.  首里城火災に係る再発防止検討委員会(委員長・阿波連光弁護士)の第2回会合が6日、首里城公園首里社館…

日付から記事を検索

2020年4月« 3月
« 3月    
 12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
27282930  

assembled by まめわざ










話題をチェック!

  1.  (一般)石垣市観光交流協会(大松宏昭会長)役員・理事らと市の施設管理課、観光文化課職員の計17人が…
ページ上部へ戻る