カボチャの拠点産地に 東村、ブランド化推進

認定を喜ぶ東村やJAおきなわの関係者ら=27日、県庁

 県は東村(伊集盛久村長)の「かぼちゃ」を拠点産地として認定し、27日午後、県庁で認定交付式を開いた。東村はパインに次いで2件目の認定となった。
 拠点産地は、県の21世紀農林水産振興計画に基づき、定時・定量・定品質の出荷原則に基づき、作付け面積が概ね10㌶、施設でおおむね5㌶が必要とされ、生産出荷組織が設置されていることなどが条件となる。
 県内では園芸作物拠点産地の認定は野菜部門で35番目。全体では87番目。
 県農林水産部の島尻勝広部長は「認定を契機として、ブランドの確立に向けた取り組みの強化をお願いしたい」と期待した。
 伊集村長は「基幹作物が夏はパイン、冬はカボチャとなるよう定着させていきたい」と述べた。
 生産者代表としてJAおきなわ東支店野菜生産部会の渡邉勉部会長は「東村のカボチャは味が濃厚で、香り高い。認定を契機に高品質なカボチャの生産力を上げていきたい」とあいさつした。
 カボチャの栽培期間は9月ごろから2月ごろまでの4カ月ほど。パインと時期がずれるため、村やJAおきなわ関係者らによって普及推奨されてきた。

関連記事

ピックアップ記事

  1.  八重山高校野球部(内間敬太郎主将)は3日、県高校野球夏季大会の優勝から一夜明け、深紅の優勝旗を先頭…
  2.  石垣市で7月から新型コロナウイルスの感染者が急増したため、県立八重山病院の感染症用病床9床が2日、…
  3.  高校野球の2020年夏季大会は2日の決勝で、八重山高校がKBC学園未来沖縄を4―2で破り、初優勝を…

日付から記事を検索

2020年8月« 7月
« 7月    
 12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
31  

assembled by まめわざ










話題をチェック!

  1.  県は16日、現行の沖縄振興計画である「沖縄21世紀ビジョン基本計画」の施策について、効果検証を行い…
ページ上部へ戻る