12月に糸満で全国育樹祭 実行委で日程など確認

実行委員会では、実施計画と予算案が了承された=28日、県庁

 全国各地から緑化関係者が参加し、国民に森林への理解を育むことを目的に開催されている第43回全国育樹祭の沖縄県実行委員会(会長・玉城デニー知事)が28日、県庁で開かれ、実施計画などを承認した。日程は12月14日から2日間で、皇族も行啓され、過去の全国植樹祭で天皇皇后両陛下がお手植えされた木のお手入れをされる。
 県内では1993年4月に両陛下が糸満市米須・山城地区に行幸啓された。現在、会場跡地は平和創造の森公園となっているが、第43回全国育樹祭も同公園で開催される。改元され、新元号となった初年の沖縄開催となる。秋篠宮ご夫妻が行啓される見通し。

記事の続きを見る場合にはログインが必要です。会員登録は無料です。

関連記事

ピックアップ記事

  1.  石垣市美ら星ゲート(いしがき島星ノ海プラネタリウム)のオープニングセレモニーが18日午前、ユーグレ…
  2.  スポーツマネジメント会社BASE(東京、北川智哉社長)は18日、沖縄県庁で記者会見し、沖縄初のプロ…
  3.  17日の明け方、石垣島天文台で同天文台の堀内貴史特任研究員が部分月食を撮影した。  月食は地球の…

日付から記事を検索

2019年7月« 6月
« 6月    
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
293031  

assembled by まめわざ










話題をチェック!

  1.  ニュージーランドのアーダーン首相が長年のパートナーであるアナウンサーの男性と結婚すると報じられた。…
ページ上部へ戻る