新博物館建設を要請 協議会が市教委に 収蔵庫も暫定で

新八重山博物館の建設を石垣教育長に要請する大田会長(中央)と山根副会長(右)=28日午後、石垣市教委

 石垣市立八重山博物館協議会の大田静男会長と山根頼子副会長が28日、石垣市教育委員会に石垣安志教育長を訪れ、老朽化が進む八重山博物館に代わる新博物館の建設推進を要望した。収蔵品を保管する倉庫が手狭になっていることから、暫定的に仮収蔵庫を建設することも求めた。
 要請書では、市議会3月定例会でも4人の市議が新博物館建設を求めたことを挙げ「年間を通し、島の魅力を全国に発信できるのは、新しい博物館の重要な役割の一つ」と訴えた。
 博物館の資料を適切に管理、保管するため、専門員を増員するよう要請した。

記事の続きを見る場合にはログインが必要です。会員登録は無料です。

関連記事

ピックアップ記事

  1.  県は23日、八重山、宮古島地方を視察した自民党県議団で石垣市区選出の大浜一郎氏(58)ら9人が新た…
  2.  的外れな〝政権叩き〟を繰り返す野党と一部メディア。実は彼らこそ、権力への夢と希望を持っているのでは…
  3.  宮古、八重山を視察した自民党県議団10人が新型コロナウイルスに感染した件で、検査で陽性が判明した石…

日付から記事を検索

2020年10月« 9月
« 9月    
 1234
567891011
12131415161718
19202122232425
262728293031  

assembled by まめわざ









話題をチェック!

  1.  米軍普天間飛行場の辺野古移設を巡る県民投票を実現させたメンバーらでつくる「新しい提案実行委員会」(…
ページ上部へ戻る