新体制で飛躍目指す 新ユニお披露目 サッカー 沖縄SV 新たに11選手加入

「克己」をスローガンに次シーズンを戦う沖縄SVメンバーら=29日、県庁

 うるま市を本拠地とするサッカーチーム、沖縄SVの高原直泰代表兼監督と、県サッカー連盟具志堅朗会長は29日、県庁で新体制を発表するとともに、新ユニフォームをお披露目したほか、新入団選手5人を紹介した。
 沖縄SVは昨シーズン2位の成績に終わり、新たに中盤ボランチの守備強化に取り組み、11人の新入団選手が加入し26人で次シーズンを戦う。
 高原代表は「今年は選手一人ひとりが、自分で考え自分で決断してほしいという願いを込めて「克己」をスローガンにJFL(日本フットボールリーグ)昇格・天皇杯本線出場を目標に新しいメンバーで取り組む」と方針を述べた。
 またサッカーだけでなくクラブチームとしても「地域貢献・地域創生に関わり、県内自治体と連携して積極的に発信していきたい。今年は飛躍するための大事な1年になる」と強調した。
 唯一県内出身の豊里浩希選手(沖縄市出身)は「サイドバックから裏に抜ける持ち味を生かし期待にこたえたい。結果にこだわり全勝優勝したい」と意気込んだ。
 また新ユニフォームはスローガンの「克己」が記された練習ウェアやホームゲームで着用されるユニフォームはは引き続き、濃紺色を基調に紅型やミンサーが細かにあしらわれた沖縄らしさをイメージして作成したと発表した。

関連記事

ピックアップ記事

  1.  八重山郡体育協会(長浜信夫会長)は八重山郡のスポーツ振興を目的に17日夕、石垣市中央運動公園屋内練…
  2.  米軍普天間飛行場(宜野湾市)の移設先である名護市辺野古沿岸部の埋め立てを巡り、県による埋め立て承認…
  3.  県は16日、豊見城市の空手会館で、沖縄を襲った巨大地震に観光客も巻き込まれ、被災したとの想定で図上…

日付から記事を検索

2019年7月« 6月
« 6月    
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
293031  

assembled by まめわざ










話題をチェック!

  1.  石垣海上保安部は7日、日本の排他的経済水域(EEZ)で停船命令に応じず逃走したとして、漁業主権法違…
ページ上部へ戻る