石垣島初寄港を祝福 クルーズ船「ドリーム」就航

㊨歓迎セレモニーに出席した、(左から)ペラルタ・ホテルマネージャー、アルバーズ船長、親盛副会長、ミス八重山・金城さん、ソレレブラント機関長=30日午後、エクスプローラードリーム船内。㊧石垣島に初寄港したクルーズ船「エクスプローラードリーム」=30日午後、石垣市新港クルーズ岸壁

 クルーズ船「スーパースターヴァーゴ」を改装した「エクスプローラードリーム」が30日午前、石垣市新港クルーズ岸壁に到着し、石垣島へ初寄港した。午前11時から船内12階のパーム・コートで初寄港の祝福と安全運航を祈願するセレモニーが行われ、ミス八重山「星の砂」・金城純海さん(26)が花束を、市観光交流協会の親盛一功副会長が記念の盾をChristian Aalbers(クリスティアン・アルバーズ)船長(53)らに贈呈した。
 「ヴァーゴ」は1993年に創立したアジアで有名なクルーズライン「スタークルーズ」の旗艦船。アジアの豪華クルーズラインで知られる「ドリームクルーズ」の更なるグローバル展開に向け、一層のブランド強化と成長を目指し、約3000万米㌦を費やして「ヴァーゴ」を改装した「ドリーム」が今月、誕生した。今後「ドリーム」は、上海や北京などを母港にロシア、フィリピンなどの運航も予定しているという。
 「ドリーム」は全長268・6㍍、全幅32・2㍍、総トン数7万5338㌧、船籍はバハマ国。この日は乗客2410人、乗組員1071人で、台湾の基隆から寄港し、同日午後9時に基隆へ向けて出港した。
 セレモニーでは船長のほか、Bjorn Sollerbrant(ビヨーン・ソレレブラント)機関長、Jarwin Peralta(ジャーウィン・ペラルタ)ホテルマネージャーにも花束を贈呈。船長からは「ドリーム」が描かれ、初就航記念と記された絵画が親盛副会長に贈られた。
 親盛副会長は「末永く寄港いただき、同船の航海安全を祈念する」と歓迎。アルバーズ船長は「石垣島の皆様にお会いでき、港に入ることができたことを光栄に思います」と感謝した。
 アジアでのクルーズ業界の先駆者「ゲンティン香港」の事業部である「ゲンティンクルーズライン」がスタークルーズ、ドリームクルーズ、世界で最も多くの受賞歴を誇る豪華クルーズライン「クリスタルクルーズ」の3つのブランドを統括している。

関連記事

ピックアップ記事

  1.  新型コロナウイルスで売り上げが減少した地元店舗を支援しようと、石垣市は11日、全市民を対象に、島内…
  2.  石垣市は11日、経済5団体の代表者らを市役所に招き、新型コロナウイルスの影響に関して意見交換した。…
  3.  石垣市教育委員会は11日、2021年度から4年間使用する中学校教科書を採択した。公民は育鵬社版が選…

日付から記事を検索

2020年8月« 7月
« 7月    
 12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
31  

assembled by まめわざ










話題をチェック!

  1.  24日投開票された「辺野古米軍基地建設のための埋め立て」の賛否を問う県民投票は埋め立て反対が多数を…
ページ上部へ戻る