八重高サヨナラ負け 連続押し出しで3回戦敗退 県高校野球春季大会

㊨力投を続けるも最後連続押し出しでサヨナラ負けを喫した八重高・照屋竜雅投手。㊧=30日、セルラースタジアム那覇

 第66回沖縄県高等学校野球春季大会7日は30日、セルラースタジアム那覇などで3回戦8試合が行われ、ベスト8が出揃った。八重山勢唯一16強の八重高は沖縄工業に3―4でサヨナラ負けだった。
 八重高は2回に2点を先制。その後は投手戦が続き、8回を終えて2点リードで最終回へ。ここまで力投していた照屋はデッドボールから崩れ、最後は連続押し出しで涙を飲んだ。
 31日は準々決勝4試合が実施され、5月に開かれる招待試合(兵庫県・明石商業)の対戦権を得る4チームが決まる。
 結果は次の通り。
 ◇3回戦
 八重高
 020000010|3
 000000013×|4
 沖縄工業
 (八)照屋―田島
 (沖)生盛、儀間―東江

関連記事

ピックアップ記事

  1.  県は5月5日から始まる児童福祉週間を前に22日午前、県庁正面玄関前でこいのぼり掲揚式を開き、与儀こ…
  2.  一般社団法人琉球びんがた普及伝承コンソーシアム(屋冨祖幸子理事長)の発足に伴う記者発表が23日午後…
  3.  衆院沖縄3区補選で初当選したフリージャーナリストの屋良朝博氏は当選から一夜明けた22日、精力的に報…

日付から記事を検索

2019年4月« 3月
« 3月    
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
2930  

assembled by まめわざ










話題をチェック!

  1.  古くから島と暮らしを守ってきたアダンの有用性を再認識し、島の文化を伝承していこうと、「2018琉球…
ページ上部へ戻る