あでやかに演舞奉納 那覇・辻で「二十日正月」

120人の女性舞踊家による「ジュリ馬」=31日、那覇市

 旧暦1月20日、かつての辻村で暮らした遊女(ジュリ)へ感謝と鎮魂の祈りを捧げ、五穀豊穣・商売繁盛を祈願する「二十日正月(ハチカソーガチ)」が3月31日、辻新思会前で行われ、奉納舞踊が披露された。
 奉納の最後には鮮やかな紅型に馬の首をかたどった飾りをつけた120人の女性舞踊家と30人の女性奏者による「ジュリ馬」が披露され、「ゆいゆい」という掛け声で演舞を舞い大勢の観衆を魅了した。
 女性だけで構成された辻(チージ)は1672年に創建。辻に住む女性「ジュリ」は高い教育と礼儀作法を身につけ、古くから那覇の交易の場で、薩摩の役人や中国の使節団などの賓客をもてなし琉球王国の繁栄を支えてきた。
 会場を訪れた上間綾さん(40)は「ゆいゆいという掛け声が耳から離れない。歴史を忘れないためにもお祭りは続いてほしい」と話した。

関連記事

ピックアップ記事

  1.  新型コロナの影響で開催への動向が注目されていた「第56回石垣島まつり2020」が、11月8日に開催…
  2.  特定外来生物「ツルヒヨドリ」の拡散を早期に防除しようと、環境省石垣自然保護官事務所、石垣市、県立バ…
  3.  竹富町の西表島東部の町立交流センターの利用実績が振るわず、赤字運営が続いている。町教委は立て直しを…

日付から記事を検索

2020年9月« 8月
« 8月    
 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
282930  

assembled by まめわざ









話題をチェック!

  1.  尖閣諸島問題を研究している元米国海兵隊太平洋基地政務外交部次長のロバート・D・エルドリッヂ氏は28…
ページ上部へ戻る