先住民勧告の撤回を フォーラムで「内憂外患」指摘 浦添市

ディスカッション時の様子。会場はほぼ満員で、多くの県民が弁士の意見に耳を傾けた=3月31日、浦添市産業振興センター

 3月31日に浦添市で開かれた講演会「絶対にヤバイ国連先住民勧告」(主催・日本沖縄政策研究フォーラム)では、沖縄県民を先住民とする国連勧告の撤回を求める声が相次いだ。
 本部町の崎浜秀昭町議は、3月定例議会で先住民族勧告撤回の意見書が採択されたことを報告。「国連を利用した先住民族勧告問題で日本政府が攻撃され、内憂外患だ。日本民族の分断工作が、現在進行形で行われている」と警鐘を鳴らし、他の市町村でも同様の決議文を採択すべきと訴えた。

記事の続きを見る場合にはログインが必要です。会員登録は無料です。

関連記事

ピックアップ記事

  1. 石垣市が尖閣諸島の字名を「登野城」から「登野城尖閣」に変更する前、中国駐福岡総領事館から市に再三の抗…
  2. 玉城デニー知事は19日、県庁で記者会見し、新型コロナウイルスの感染が年明けから再び拡大し、医療崩壊の…
  3.  県立八重山病院の松茂良力副院長は29日、石垣市で新型コロナウイルスの市中感染が拡大しているとの認識…

お知らせ

登録されているお知らせはございません。

日付から記事を検索

2021年1月« 12月
« 12月    
 123
45678910
11121314151617
18192021222324
25262728293031

assembled by まめわざ









話題をチェック!

  1.  石垣市美ら星ゲート(いしがき島星ノ海プラネタリウム)のオープニングセレモニーが18日午前、ユーグレ…
ページ上部へ戻る