新年度に飛躍誓う 石垣市、課題に力発揮を

年度始め式に当たって職員に訓示する中山市長=1日午前、市役所

 石垣市の年度始め式で中山義隆市長は「31年間続いてきた平成から新たな元号となる。新年度は大きな節目の年になる。元号改正に伴い、市民サービス、行政サービスに支障が出ないようしっかり対応してほしい」と求めた。
 年度始め式に先立ち、人事異動の辞令交付が行なわれたことを踏まえ「新たなスタッフ体制で、多様化する行政課題に向けて大いに力を発揮してほしい」と激励。
 国の沖縄振興特定事業推進費、観光防災力強化市町村支援事業を有効に活用し「防災力をさらに高める施策を積極的に展開していく」と強調した。
 その上で「単に前例を踏襲するのではなく、勇気を持って見直し、円滑的確な対応をしてほしい。市民の期待に応えるため、市民目線で、スピード感を持って職員一丸となり、力を発揮してほしい」と指示した。

関連記事

ピックアップ記事

  1.  肺炎を引き起こす新型コロナウイルスの感染者が県内で初確認された。沖縄で今後、感染が拡大する可能性は…
  2.  石垣市自殺対策計画推進委員会(津嘉山航委員長)の初会合が17日、結い心センターで開かれ、事務局の市…
  3.  少年少女柔道教室「みんなでじゅうどう」(主催・県柔道連盟八重山支部、後援・全日本柔道連盟)が16日…

日付から記事を検索

2020年2月« 1月
« 1月    
 12
3456789
10111213141516
17181920212223
242526272829  

assembled by まめわざ










話題をチェック!

  1.  駐日インド大使館のサンジェイ・クマール・ヴァルマ大使は5日夕、県庁に玉城デニー知事を表敬訪問した。…
ページ上部へ戻る