中国軍機が本島―宮古島間通過 戦闘機が緊急発進

中国のY9情報収集機(航空自衛隊撮影)

 防衛省統合幕僚監部は1日、中国のH6爆撃機2機とY9情報収集機1機が東シナ海から沖縄本島と宮古島間を通過して太平洋に向かうルートを往復したと発表した。3月30日には、中国軍機7機が東シナ海と太平洋間を往復したばかり。
 1日の中国軍機の飛行に対し、空自那覇基地は戦闘機を緊急発進(スクランブル)させて対応した。領空侵犯はなかった。
 3月30日にはH6爆撃機4機、Tu154情報収集機1機、戦闘機と推定される2機が沖縄本島と宮古島間を通過し、空自の戦闘機が緊急発進した。

関連記事

ピックアップ記事

  1.  沖縄は今も2週間前の首里城焼失の関連ニュースで持ち切りだが、東アジアは緊迫している。沖縄の将来にと…
  2.  沖縄21世紀ビジョンを総点検し、新たな沖縄振興計画に反映させる県振興審議会環境部会(宮城邦治部会長…
  3.  国際的な食品の商談会「沖縄大交易会2019」(主催・同実行委員会)が14日、宜野湾市の沖縄コンベン…

お知らせ

登録されているお知らせはございません。

日付から記事を検索

2019年11月« 10月
« 10月    
 123
45678910
11121314151617
18192021222324
252627282930  

assembled by まめわざ










話題をチェック!

  1.  石垣島への陸上自衛隊配備に向け、駐屯地建設工事が進む平得大俣地区の旧ゴルフ場前で、石垣市が市有地に…
ページ上部へ戻る