保護水面 規則守って 浜下り前に注意喚起 水産海洋センター 

市内の保護水面は、名蔵と川平の2カ所が指定されている

 4月7日(旧暦3月3日)の行事、浜下りを前に沖縄県水産海洋技術センター石垣支所(平手康市所長)は市内2カ所の保護水面での禁漁を呼び掛けている。名護保護水面では全ての水産動植物、川平保護水面では魚類、タコ、イカ、アーサを除く全ての水産動植物が周年で禁漁となっている。
 名蔵と川平の保護水面は、水産生物の保護・育成を目的に県知事が指定。たまごを供給する親を守ることで、水産資源を保護し、継続的な利用を図ることが目的。
 同センターは「水産資源の保護・育成は、漁業者の努力だけではなく、地域の皆さまの協力なしではなしえません」と協力を求めている。
 過去に漁業調整規則に反し、保護水面内でナマコやシャコガイ類が採られる事例があった。また、県外からの移住者や観光客が増え、地域のルールを知らずに違反するケースもあるとのこと。

関連記事

ピックアップ記事

  1.  陸上自衛隊第15旅団(旅団長・中村裕亮陸将補)は20日、県の要請で8日から開始した豚コレラ(CSF…
  2.  政府は20日、石垣市の尖閣諸島や島根県・竹島などに関する日本の立場を紹介する「領土・主権展示館」の…
  3.  石垣島で春季一次キャンプ中の横浜F・マリノスは19日、サッカーパークあかんまで海邦銀行SCと練習試…

日付から記事を検索

2020年1月« 12月
« 12月    
 12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
2728293031  

assembled by まめわざ










話題をチェック!

  1.  石垣市の嵩田林道で、県有地の森林が何者かによって無断伐採されていることが、18日までに分かった。伐…
ページ上部へ戻る