IT津梁パーク6号棟着工 県、民間資金活用し企業集積 うるま市

神事式の地鎮行事の様子。右からスタッフオズの大仲英彦代表、沖電開発の知念社長、県商工労働部の嘉数部長、仲本工業の仲本豊社長=3日、うるま市州崎のIT津梁パーク

 沖電開発(知念克明社長)は3日、うるま市州崎地区を拠点に情報通信産業が集まる「沖縄IT津梁パーク」の6号棟新築工事の起工式を行った。来年1月完成、供用開始は2月を予定している。

 6号棟の敷地面積は約1万平方㍍、延べ面積は約3100平方㍍で、地上3階建て。NECの関連会社「NEC VALWAY」と中国IT企業の現地法人「沖縄ハイシンク」の2社が入居予定。
 沖縄IT津梁パークは、県が情報通信産業の一大拠点化を目指し企業集積を行っている地域で、県のブランド力向上や、技術革新、国際競争力の向上などを見据え、うるま・沖縄地区の経済特区として整備が進んでいる。
 6号棟の建設は、県が進める「沖縄IT津梁パーク企業集積施設整備事業」の一環。県が民間開発事業者と入居IT企業を募り、施設建設は事業者に任せる。15年後には、施設を県に無償譲渡させるのを条件に、賃借料を事業者に支払い、入居IT企業には公的施設として使用許可を出す。
 民間資金とノウハウを活用し、企業集積を拡大させる方法で、多くの情報通信産業が既に建設された各棟に入居している。
 入居予定の「NEC VALWAY」は、NEC関連企業としての業務のほか、IT機器に関する問い合わせなどに対応するコールセンター業務なども行う。約50席の従業員用座席があるオフィスを設け、主に首都圏の問い合わせ業務などを行う予定。
 「沖縄ハイシンク」は、公的施設関連のソフトウェア開発や運用監視業務を行う企業で、沖縄では主に開発業務を行う。パーク内の別施設に入居中だが、完成後は6号棟に移転、現在の約2倍の約300人規模となり、事業を拡大する予定。
 起工式では神事式と直会(なおらい)を行い、県やうるま市、入居予定企業からも関係者が参列した。直会で事業主あいさつをした県商工労働部の嘉数登部長は「情報通信産業の振興と活性化を図るため、実効性のある施策を展開する」と述べた。乾杯の音頭であいさつした島袋俊夫うるま市長は、3月に5号棟が完成したと紹介。パーク内だけでも2千人を超す従業員がいるとも強調し、子育て中などの若い女性も多く勤務していると説明、「県とも連携してサポートしたい」と強調した。

関連記事

ピックアップ記事

  1.  かりゆし病院での院内感染の発生を受け、石垣島のフラサークル「メケ アロハ プメハナ」(内間知恵子代…
  2.  県は24日、石垣市で、市在住の男女2人、かりゆし病院の職員3人、聖紫花の杜職員1人の計6人が新たに…
  3.  2008年11月以降運休状態が続いている石垣―波照間航空路線運航の早期再開を目指す竹富町は6日午後…

日付から記事を検索

2020年10月« 9月
« 9月    
 1234
567891011
12131415161718
19202122232425
262728293031  

assembled by まめわざ









話題をチェック!

  1.  埼玉県越谷市で旅行中、建物火災で取り残された少女をたまたま見つけ、自らの危険をかえりみず救出した那…
ページ上部へ戻る