泡盛原酒をシングルカスクで 泡盛マイスター伊藤さんCF募る

 泡盛マイスターの伊藤薫さん=大阪市在住=は、八重泉酒造で11年熟成された泡盛の樽原酒(トゥリトールカスク・樽ナンバー223)をクラウドファンディングを利用し共同購入して、シングルカスク(樽)原酒として商品化を目指すプロジェクトをスタートした。
 クラウドファンディングはインターネット上で出資者を募り、目標金額に達成した場合にプロジェクトが成立し出資を得られるサービス。出資者にはリターンがあるものが多い。
 今回の目標金額は200万円。商品化された場合300本弱生産予定。樽原酒はほとんどの場合ブレンドされるのが一般的で、シングルカスクとして味わえるのは稀という。伊藤さんは「シングルカスクの魅力は樽の個性をダイレクトに味わえることなので、泡盛ファンやウイスキーファンなどと共有したいと思わずにはいられなかった」と語る。
 このプロジェクトをきっかけに「沖縄が世界に誇る銘酒・泡盛の魅力を広くPRし大阪から泡盛を盛り上げたい」と意気込む。
 クラウドファンディングはマクアケを利用。URLはhttps:www.makuake.com/project/awamori-meister/

関連記事

ピックアップ記事

  1.  中国武漢を発生源とする新型コロナウイルス感染症拡大が深刻化する中、石垣市は4日午後、新石垣空港(南…
  2.  全国的に新型コロナウイルスの感染拡大が続く中、医療体制が脆弱な離島で医師の不安が高まっている。各離…
  3.  県内で4日、新型コロナウイルスの感染者が1日では最多となる5人に達した。いずれも沖縄本島中南部だが…

日付から記事を検索

2020年4月« 3月
« 3月    
 12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
27282930  

assembled by まめわざ










話題をチェック!

  1.  前宜野湾市長の佐喜真淳氏が27日、石垣市民会館大ホールで講演した。昨年の知事選で落選したが「政治家…
ページ上部へ戻る