先祖に手合わせる 清明で家族連れ「戦後ずっと続く」 那覇

一族の墓に手を合わせる嘉手納家の皆さん=6日、識名園霊園

 二十四節気の第五節気である清明(シーミー)の時期がやってきた。今年のシーミー入りは5日で金曜日だったため、翌日の土曜日である6日から、県内では一族の墓参りをする家庭も多い。
 この日、那覇市の識名霊園には午後から県民らが集まり、先祖の墓に手を合わせる家族連れの姿があった。
 那覇市の嘉手納家も他の家族と同様に6日午後に集まり、先祖の墓に手を合わせた。会社員の豪さん(38)は、親族と一緒にシーミーに参加した。「戦後からずっと続いている。集まって親族の顔を見ながら話ができるのがうれしい」と笑顔を見せた。
 今年のシーミーは、第六節気(穀雨)である20日まで行われる。那覇市はシーミーに合わせ、毎年4月の第3、第4の日曜日に、霊園に集まる県民・市民による交通渋滞に対応するため、市道の交通整理や臨時駐車場の設置を行う。

関連記事

ピックアップ記事

  1.  約3万年前、ユーラシア大陸から台湾を経由し南西諸島に進出した人々は、どうやって海を渡り、遠い島々に…
  2.  沖縄振興開発金融公庫八重山支店(比嘉努支店長)の融資を受けたみやぎ米屋㈱(宮城隆代表取締役社長)が…
  3.  7月に投開票される参院選沖縄選挙区に向け、琉大法科大学院の高良鉄美名誉教授(65)=無所属=と自民…

日付から記事を検索

2019年6月« 5月
« 5月    
 12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930

assembled by まめわざ










話題をチェック!

  1.  玉城デニー知事は28日、沖縄大学で講演し、200人以上の学生の前で県民投票や沖縄防衛について語った…
ページ上部へ戻る