先祖に手合わせる 清明で家族連れ「戦後ずっと続く」 那覇

一族の墓に手を合わせる嘉手納家の皆さん=6日、識名園霊園

 二十四節気の第五節気である清明(シーミー)の時期がやってきた。今年のシーミー入りは5日で金曜日だったため、翌日の土曜日である6日から、県内では一族の墓参りをする家庭も多い。
 この日、那覇市の識名霊園には午後から県民らが集まり、先祖の墓に手を合わせる家族連れの姿があった。
 那覇市の嘉手納家も他の家族と同様に6日午後に集まり、先祖の墓に手を合わせた。会社員の豪さん(38)は、親族と一緒にシーミーに参加した。「戦後からずっと続いている。集まって親族の顔を見ながら話ができるのがうれしい」と笑顔を見せた。
 今年のシーミーは、第六節気(穀雨)である20日まで行われる。那覇市はシーミーに合わせ、毎年4月の第3、第4の日曜日に、霊園に集まる県民・市民による交通渋滞に対応するため、市道の交通整理や臨時駐車場の設置を行う。

関連記事

ピックアップ記事

  1.  県は5月5日から始まる児童福祉週間を前に22日午前、県庁正面玄関前でこいのぼり掲揚式を開き、与儀こ…
  2.  一般社団法人琉球びんがた普及伝承コンソーシアム(屋冨祖幸子理事長)の発足に伴う記者発表が23日午後…
  3.  衆院沖縄3区補選で初当選したフリージャーナリストの屋良朝博氏は当選から一夜明けた22日、精力的に報…

日付から記事を検索

2019年4月« 3月
« 3月    
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
2930  

assembled by まめわざ










話題をチェック!

  1.  県は8月31日、米軍普天間飛行場の移設先、名護市辺野古沿岸部の埋め立て承認を撤回した。故・翁長雄志…
ページ上部へ戻る